ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2013年09月

二級ボイラー「構造問題」の研究

構造問題が難しいという声を聞きます。
今回は、構造問題を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問16 ボイラー各部の構造と強さに関し、次のうち誤っているものはどれか。(H19.10公表)

(1)胴又はドラムの継手には、長手方向及び周方向の2種類がある。
(2)ボイラーの胴板には、内部の圧力によって引張応力が発生する。
(3)周継手の強さは、長手継手の強さの2倍以上必要である。
(4)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部から成っている。
(5)平鏡板は、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、圧力の高いものはステーによって補強する必要がある。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

二級ボイラー「構造問題」の研究

構造問題が難しいという声を聞きます。
今回は、構造問題を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問15 鏡板及び管板に関し、次のうち誤っているものはどれか。(H20.04公表)

(1)同一材料、同一寸法の場合、半だ円体形鏡板は、皿形鏡板より強度が大きい。
(2)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部からなっている。
(3)皿形鏡板の球面殻部は、すみの丸みをなす部分である。
(4)平鏡板には、内部の蒸気圧力によって曲げ応力が生ずる。
(5)管板には、管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

二級ボイラー「構造問題」の研究

構造問題が難しいという声を聞きます。
今回は、構造問題を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問14 胴及びドラムに関し、次のうち誤っているものはどれか。(H20.04公表)

(1)胴及びドラムが円筒形になっているのは、同種、同厚の材料に対し大きな強度を得ることができるからである。
(2)胴板には、内部の蒸気圧力によって引張応力が発生する。
(3)胴板に生じる応力には、周方向の応力及び軸方向の応力がある。
(4)周継手の強さは、長手継手に求められる強さの2倍以上必要である。
(5)胴板の溶接、胴板と鏡板との溶接などの重要な継手は、突合せ両側溶接を行うことが原則である。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

二級ボイラー「構造問題」の研究

構造問題が難しいという声を聞きます。
今回は、構造問題を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問13 ボイラー各部の構造と強さに関し、次のうち誤っているものはどれか。(H20.10公表)

(1)ボイラーの胴板には、内部の圧力によって周方向及び軸方向に引張応力が生じる。
(2)胴の長手継手の強さは、胴の周継手に求められる強さの1/2あればよい。
(3)平鏡板には、内部の圧力によって曲げ応力が生じる。
(4)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部からなっている。
(5)炉筒は、燃焼ガスによって加熱されると、鏡板で拘束されているため炉筒板内部に圧縮応力が生じる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

二級ボイラー「構造問題」の研究

構造問題が難しいという声を聞きます。
今回は、構造問題を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問12 鋳鉄製ボイラーに関し、次のうち正しいものはどれか。(H19.10公表)

(1)蒸気ボイラーのときの使用圧力は0.5MPaまでと制限されている。
(2)セクションの数は最大20程度で、それぞれ水面の位置でニップルにより結合されている。
(3)復水を循環使用するのは、ボイラー水の温度上昇を防止するためである。
(4)鋼製ボイラーに比べ、熱による不同膨張に弱い。
(5)鋼製ボイラーに比べ、腐食に弱い。

続きを読む

↑このページのトップヘ