ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2013年11月

二級ボイラー・公表試験問題 (H25年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH25年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。 
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。
 
問14 次のうち、ボイラー水の脱酸素剤として使用される薬剤のみの組合せはどれか。

(1)塩化ナトリウム   りん酸ナトリウム
(2)りん酸ナトリウム  タンニン
(3)亜硫酸ナトリウム  炭酸ナトリウム
(4)炭酸ナトリウム   りん酸ナトリウム
(5)亜硫酸ナトリウム  タンニン

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
 
続きを読む

二級ボイラー・公表試験問題 (H25年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH25年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。 
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。


問13 ボイラーの運転を停止し、ボイラー水を全部排出する場合の措置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)運転停止の際は、ボイラーの水位を常用水位に保つように給水を続け、蒸気の送り出しを徐々に減少する。
(2)運転停止の際は、押込ファンを止めた後、燃料の供給を停止し、石炭だきの場合は炉内の石炭を完全に燃え切らせる。
(3)運転停止後は、ボイラーの蒸気圧力がないことを確かめた後、給水弁、蒸気弁を閉じる。
(4)運転停止後は、ボイラーの蒸気圧力がないことを確かめた後、ボイラー内部が真空にならないように、空気抜き弁、その他蒸気室部の弁を開く。
(5)ボイラー水の排出は、運転停止後、ボイラー水の温度が90℃以下になってから、吹出し弁を開いて行う。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

二級ボイラー・公表試験問題 (H25年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH25年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。 
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問12 ボイラーのたき始めに燃焼量を急激に増してはならない理由として、適切なものは次のうちどれか。

(1)過熱器の高温腐食を起こさないため。
(2)燃焼装置のベーパロックを起こさないため。
(3)スートファイヤを起こさないため。
(4)火炎の振動を起こさないため。
(5)ボイラー本体の不同膨張を起こさないため。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

二級ボイラー・公表試験問題 (H25年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH25年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。 
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(ボイラーの取扱いに関する知識)

問11 ボイラーのばね安全弁又は逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ、安全弁の吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。
(2)エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より低い圧力に調整する。
(3)最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。
(4)ボイラーに安全弁が2個設けられている場合は、1個の安全弁を最高使用圧力以下で作動するように調整し、他の安全弁を最高使用圧力の3%増し以下で作動するように調整する。
(5)安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて再度試験する。


▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 
 
続きを読む

1.『試験を受けて感じた事』

今回公表問題と照合しましたが、正解以外の記述内容もしっかり理解=覚えてないといけないと感じました。
例えば、今回
鋼製ボイラーの給水装置で問題で、給水内管の問題は、溶接して取り外し出来ない・・・が出ており、正解は取り外しできるが正解。

つまり、解答選ぶ箇所が5か所あり、ついつい正解の箇所だけ見ますが、上記の場合の様な 注目されない箇所の記述を変更=問題にする場合があるからです。

精査・検討され苦労された問題集を確実に実施・理解すれば、おのずから良い結果が待っていると感じました。

2.『勉強方法について』

管理人様が提示されている方法の実施はもちろんの事、
当日の勉強開始前に、前日の間違った問題、たまたま正解した問題を「復習」。
公表問題の過去問を6年分実施      
この2点にも力を入れました。

最後に試験結果は、11/25日に分るのでご報告します。
受かっていれば、一級も受験しますのでその時は宜しくお願い致します。(shinn)

↑このページのトップヘ