ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2014年06月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問29 ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを通風という。
(2)煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きくなる。
(3)押込通風は、燃焼用空気をファンを用いて大気圧より高い圧力の炉内に押し込むものである。
(4)誘引通風では、温度が高く、すす、ダストや腐食性物質を含む燃焼ガスによってファンの腐食、摩耗が起こりやすい。
(5)平衡通風は、押込ファンと誘引ファンを併用したもので、炉内圧を大気圧より高く調節する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問28 次の文中の(  )内に入れるAからCの語句の組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
( A )燃焼における( B )は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。また( C )は、旋回又は交差流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、燃焼を完結させる。」

     A         B        C
(1)油・ガスだき   一次空気   二次空気
(2)油・ガスだき   二次空気   一次空気
(3)火格子      一次空気   二次空気
(4)火格子      二次空気   一次空気
(5)流動層      二次空気   一次空気

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問27 重油に含まれる水分及びスラッジによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水分が多いと、熱損失を招く。
(2)水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。
(3)水分が多いと、油管内でベーパロックを起こす。
(4)スラッジは、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉そくさせる。
(5)スラッジは、ポンプ、流量計、パーナチップなどを摩耗させる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問26 ボイラーの燃料油タンクについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。
(2)サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の2時間分以上である。
(3)屋外貯蔵タンクの油取出し管はタンクの上部に、油送入管はタンクの底部から2 0〜3 0cm上方に取り付ける。
(4)屋外貯蔵タンクには、油面計を取り付ける。
(5)サービスタンクには、油面計を取り付けるほか、自動油面調節装置を設ける。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問25 ボイラーにおける燃料の燃焼について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃焼には、燃料、空気、温度の三つの要素が必要である。
(2)理輪空気量の単位は、液体及び固体燃料では[m3N/kg]で表し、気体燃料では[m3N/m3N]で表す。
(3)理論空気量をAo、実際空気量をA、空気比をmとすると、A = mAoという関係が成り立つ。
(4)実際空気量は、一般の燃焼では理論空気量より大きい。
(5)着火性がよく、燃焼速度が遅いと、一定量の燃料を完全燃焼させるのに狭い燃焼室で足りる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

↑このページのトップヘ