ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2014年12月

11/10 試験(九州) 二級ボイラー技士 合格

おかげさまで2級ボイラー技士、1発で合格しました。(koji)
「合格セット」を購入して試験まで日にちがなかったので(10日間)、無理かなあと正直、思ってました。
けど徹底して今回の問題集だけをやったおかげだと思います。
ありがとうございました。

1.合格セット
問題集が届いて試験まで2週間ほどでしたのでほぼ毎日暇を見つけては、2〜3時間程度、やってました。

2.本番試験
目新しい問題は、特にありませんでした。今回の問題集をとことんやれば9割はとれます。

3.受験者のみなさんへ
この問題集はすごいです。=合格のはや道です!=合格したかったらすぐ取り組みましょう!!


引き続き、一級ボイラー技士試験を受験します 

福島の hirosi です。
おかげさまで、一発合格することができました。

ご参考までに
1.試験の一週間前から、「新重要問題200」だけを5回程度廻し、過去問(3回分)を1回やりました。

2.素人の私が、試験に一発合格できたのは「合格セット」のおかげです。
 新重要問題200を覚えてしまえば、必ず合格できます。
 後は、管理人様が言ってたように一番簡単な「法令」を得意科目にして点数を稼ぐことだと思います。

3.引き続き、一級ボイラー「合格パック」と一級ボイラー重要集を購入し、一級ボイラー技士試験を受験します。(来年1月21日)

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年1月から6月までに実施されたもの)
 試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。


問30 ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃焼域での酸素濃度を低くする。
(2)燃焼温度を低くし、特に局所高温域が生じないようにする。
(3)高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を長くする。
(4)窒素酸化物の少ない燃料を使用する。
(5)濃淡燃焼法によって燃焼させる。

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年1月から6月までに実施されたもの)
 試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問29 ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを通風という。
(2)煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。
(3)押込通風は、平衡通風より大きな動力を要し、気密が不十分であると、燃焼ガスが外部へ漏れ、ボイラー効率が低下する。
(4)誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを要する。
(5)平衡通風は、燃料調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

7/4実施(近畿)の二級ボイラー技士試験に合格

当方、40過ぎの失業者で、6/4よりポリテクセンターのビル管理科に入所、最初に訪れる資格試験が二級ボイラー技士でした。

ポリテクに入所して7日間だけボイラーの授業があり、その後別の科目授業に。

受験日を7/4か7/26にするか迷いましたが、他の資格試験とダブって勉強するのは難しかったので、日はあまりないものの思い切って7/4に受験する事を選びました。

ポリテクで使用した教科書内の問題を解きながら、他の問題集を探していたところこちらの二級ボイラー「合格セット」を知り、6/10に購入させて頂きました。

々膤淵札奪函崕斗很簑200」×3回
合格セット「実戦問題200」×3回
J神21年上期〜平成25上期公表問題×各5回


をランダムにやって、最終的にすべて2〜3問の間違いまでになりました。

当日は、「実戦&重要問題200」の問題用紙に自分でその答えと理由を書き込んだ物と、「最新情報」、「法令まとめ」を持参しましたが、移動中はあまり復習できず。
おまけに何を血迷ったのか、JR加古川駅から試験場まで40分歩き、汗ダラダラで試験開始1時間半前に到着。
いまいち集中できないままの復習でした(苦笑)

実際試験を受けてみて

緊張もあったのか、えらく難しかった印象で、自己採点ではなんとか合格ラインはギリ越えてましたが不安いっぱいで試験を終えました。

一緒に試験を受けたポリテクの仲間も難しかったと同じ印象でした。

「もしかしたらヤバイかも・・・」と結果まで不安な毎日でしたが、合格できて本当によかったです。
「合格セット」のおかげです。

ただ、自分としてはもう少し時間がありじっくりやれればもっと不安感はなく試験にのぞめたと思います。

今後ボイラー免許を活用できる仕事につけるかどうかはわかりませんが、就職に向けてひとつの自信になったのは事実です。

合格だけでなく、勇気ももらいました。
本当にありがとうございます。
再就職、頑張ります。(2013年07月12日 nob)

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年1月から6月までに実施されたもの)
 試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問28 ボイラーの燃料の燃焼により発生する大気汚染物質について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)排ガス中のSOxは、大部分がSO2である。
(2)排ガス中のNOxは、大部分がNO2である。
(3)燃焼により発生するNOxには、サーマルNOxとフューエルNOxがある。
(4)フューエルNOxは、燃料中の窒素化合物から酸化によって生じる。
(5)燃料を燃焼させる際に発生する個体微粒子には、すす とダストがある。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ続きを読む

↑このページのトップヘ