ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2015年04月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。
 
問8 ボイラーに使用する計測器について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) ブルドン管圧力計は、プルドン管に蒸気が直接入らないように、水を入れたサイホン管などを用いて 胴又は蒸気ドラムに取り付ける。
(2) 面積式流量計は、流体が流れている管の中に絞りを挿入すると、入口 と出口との聞に流量の二乗に比例する圧力差が生じることを利用している。
(3) 容積式流量計は、だ円形のケーシングの中でだ円形歯車を 2 個組み合わせ、これを流体の流れによって回転させると、流量が歯車の回転数に比例することを利用している。
(4) 二色水面計は、光線の屈折率の差を利用したもの で、蒸気部は赤色に、水部は緑色に見える。
(5) U字管式通風計は、計測する場所の空気又はガスの圧力と大気圧との差圧を水柱で示す。

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問7 ボイラーの送気系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 主蒸気弁に用いられる仕切弁は、蒸気の流れが弁体内部で S字形になるため、抵抗が大きい。
(2) 減圧弁は、発生蒸気の圧力と使用箇所での蒸気圧カの差が大きいとき又は使用箇所での蒸気圧力を一定に保っときに設けられる。
(3) 気水分離器は 、蒸気と水滴を分離するため、胴又 はドラム内に設けられる。
(4) 蒸気トラップは、蒸気の使用設備内にたまったドレンを自動的に排出する装置である。
(5) 長い主蒸気管の配置に当たっては、温度の変化による伸縮を自由にするため、湾曲形 、ベローズ形、すべり形などの伸縮継手を設ける。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問6  次の文中の(  )内に入れる A及び Bの語句の組合 せと して、正しいものは (1)
〜(5)  のうちどれか。

「炉筒煙管ボイラーの管ステーは、( A )よりも肉厚の鋼管を( B )に溶接によって取り付けるか、又は その鋼管の両端にねじを切り 、これを( B )に設けたねじ穴にねじ込んで取り付ける。」

    A
(1) 煙管 管板
(2) 煙管 胴板
(3) 管板 煙管
(4) 胴板 煙管
(5) 胴板 管板

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

 問5 温水ボイラー の温度制御に用いるオンオフ式温度調節器(電気式)について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 温度調節器は 、調節器本体 、感温体及びこれら を 連結する導管で構成される。
(2) 感温体内の液体には 、一般にトルエン、エーテル、 アルコールなどが用いられる。
(3) 感温体は 、ボイラー一本体に直接取り付けるか、又 は保護管を用いて取り付ける。
(4) 保護管を用いて感温体を取り 付ける場合は 、保護管内にシリコングリスを挿入しではならない。
(5) 温度調節器は 、一般に調節温度の設定及び動作すき聞の設定を行う。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 4 水管ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなり、ボイラー 水の    循環カが強くなる。
(2) 強制循環式水管ボイラーでは、ボイラー水の循環系路中に設けたポンプによって、強制的に
ボイラー水の循環を行わせる。
(3) 二胴形水管ボイラーは、炉壁内面に水管を配した水冷壁と、上下ドラムを連絡する水管群を組み合わせた形式のものが一般的である。
(4) 高圧大容量の水管ボイラーには、炉壁全面が水冷壁で、蒸発部の接触伝熱面がわずかしかない
放射形ボイラーが多く用いられる。
(5) 貫流ボイラーは、管系だけで構成され 、蒸気ドラム及び水ドラムを要しないので、高圧ボイラーに適 している。
続きを読む

↑このページのトップヘ