ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2015年05月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 1 8 ボイラー の内面腐食について、誤っているものは次 のうちどれか。

(1) 給水中に含まれる溶存気体の O2 やC 0 2 は、鋼材の腐食の原因となる。
(2) 腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。
(3)  アノレカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した 水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。
(4) ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。
(5) ボイラー水のpH を酸性に調整することによって、 腐食を抑制する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 1 7 ボイラー にキャリオーバが発生した場合の処置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 燃焼量を下げる。
(2) 主蒸気弁を急開して蒸気圧力を下げる。
(3) ボイラー水位が高いときは、一部を吹出しする。
(4) ボイラー水の水質試験を行う。
(5) ボイラー水が過度に濃縮されたときは 、吹出し量を増す。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問 1 6 ボイラーの休止中の保存法について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) ボイラーの燃焼側及び煙道は、すす や灰を完全に除去して、防錆油又は防錆剤などを塗布する。
(2) 乾燥保存法は、休止期聞が 3か月程度以内の比較的短期間休止する場合に採用される。
(3) 乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外 面を清掃した後、少量の燃料を燃焼させ完全に乾燥させる。
(4) 満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。
(5) 満水保存法では、月に 1 2 回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つよう管理する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)


財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)

試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。


本ブログでご紹介していきます。

なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。


問 1 5 ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。


(1) 安全弁の調整ボルト を定められた位置に設定した後、ボイラー の圧力をゆっくり上昇させて

安全弁を作動させ 、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

(2) 安全弁が設定圧力になっても作動しない場合は、直ちにボイラーの圧力を設定圧力の 8 0%程度まで下げ、調整ボルトを締めて再度試験する。

(3) ボイラー本体に安全弁が 2 個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するよう に調整し、他を最高使用圧力の 3 %増以下で作動するように調整する。

(4) エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。

(5) 最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。


▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 1 4 ボイラーの運転を終了するときの一般的な操作順序 として、適切なものは(1)〜(5) のうちどれか。ただし、AからEはそれぞれ次の操作を表す。
 
A 給水を行い、圧力を下げた後 、給水弁を閉じ 、 給水ポンプを止める。
B  蒸気弁を閉じ、ドレン弁を開く。
C 空気を送入し、炉内及び煙道の換気を行う。
D  燃料の供給を停止する。
E ダンパを閉じる。

(1)A →B →C →D →E
(2)B →C →A →E →D
(3)C →D →E →A →B
(4)D →A →B →C →E
(5)D →C →A →B →E

続きを読む

↑このページのトップヘ