ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2015年06月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問 2  8 ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 低質な燃料でも使用できる 。
(2) 層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。
(3) 層内での伝熱性能が良いので、ボイラーの伝熱面積を小さくできる。
(4) 層内温度は、1 5 0 0 ℃前後である。
(5) 微粉炭バーナ燃焼方式に比べ、石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 2  7 ボイラーにおける気体燃料の燃焼方式について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 拡散燃焼方式は、安定な火炎を作りやすいが 、逆火の危険性が大きい。
(2) 拡散燃焼方式は、火炎の広がり、長さなどの火炎の調節が容易である。
(3) 拡散燃焼方式は、ほとんどのボイラー用ガスバーナに採用されている。
(4) 予混合燃焼方式は、ボイラー用パイロットバーナに採用されることがある。
(5) 予混合燃焼方式は、気体燃料に特有な燃焼方式で ある。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問 2 6 ボイラーにおける燃料の燃焼について 、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 理論空気量を Ao、実際空気量をA、空気比をm とすると、A= m Ao   という関係が成り立つ。
(2) 実際空気量は、一般の燃焼では理論空気量より大 きい。
(3) 燃焼温度は、燃料の種類、燃焼用空気の温度、燃焼効率、空気比などの条件によって変わる。
(4) 排ガス熱による熱損失を小さくするには、空気比を大きくして完全燃焼させる。
(5) 一定量の燃料を完全燃焼させるときに、着火性が良く燃焼速度が速いと狭い燃焼室で足りる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 2 5 重油に含まれる成分などによる障害について、誤っているものは次のうちどれか 。

(1) 残留炭素分が多いほど、ばいじん量は増加する。
(2) 水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。
(3) スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。
(4) 灰分は、ボイラーの伝熱面に付着し伝熱を阻害する。
(5) 硫黄分は、ボイラーの伝熱面に高温腐食を起こす。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問 2 4 ボイラーの圧力噴霧式バーナの噴射油量を調節する方法として、誤っているものは次のうちどれか。
 
(1) バーナの数を加減する。
(2) バーナのノズルチップを取り替える。
(3) 燃料油の加熱温度を加減する。
(4) 戻り油式圧力噴霧バーナを用いる。
(5) プランジャ式圧力噴霧バーナを用いる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 

続きを読む

↑このページのトップヘ