ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2015年09月

福島県出張試験、無事合格できました!

11月24日に実施された福島県出張試験の結果ですが、昨日、合格発表があり、無事、合格することが出来ました。
本日、合格のハガキが来ましたので、早速、免許申請いたしました。

試験まで1週間前で二級ボイラー「合格セット」を受け取り、実際には、5日間×3時間(計15時間)の学習期間でした。

1.「新・重要問題200」、「実戦問題200」の勉強

 「新・重要問題200」、「実戦問題200」とも2回廻しました。

1日目:「新・重要問題200」の第1編を1回で覚える覚悟で1肢ごとにじっくり検討。
    2回目は覚えていない肢を再度確認。
    その後、「実戦問題200」の第1編を解き、間違った問題を再度暗記。

2日目:「新・重要問題200」の第2編を〜上記同じ。
3日目:「新・重要問題200」の第3編を〜上記同じ。
4日目:「新・重要問題200」の第4編を〜上記同じ。
5日目:「新・重要問題200」、「実戦問題200」の間違った肢を再確認。
     過去問題5年分を解き、誤った問題を再確認。

2.受験者に一言アドバイス

教本は使用していません。時間のある方は、教本で確認しながらやる選択もありますが、どのような形で誤っているのか、正しいものなのか、問題を通して覚えた方が早いと思います。

1回目から覚えるように努めるのがコツです。
覚える箇所は、まず優先的に誤っているもの。その後、正しい選択肢も覚えることが望ましいです。

本試験では、同じような問題も出ますが、違う選択肢としても出ますので、まるっきり、教材での正解肢だけを暗記していると、足元をすくわれます。

ボイラーの試験は、月一ぐらいに行っておりますが、私は、出張試験でしたので、年1回の試験でしたので、1回で合格すると決めてました。

また、試験傾向、時間配分を検討するため、過去問題を解くことをお勧めします。過去5年分ぐらいで十分だと思います。

「合格セット」教材はとても有効性がありました。

特に、「新・重要問題200」は徹底的につぶしてください。
そして、過去問題5年分ぐらいに目を通してください。

余力があれば、「実戦問題200」を解く感じでよかったかなと思います。

私は、自己分析で、4科目ほぼパーフェクトに行けました。
6割は余裕でいけますので、教材を信じて徹底的につぶしてください。
 
そこまでやれば、本試験で見たことのない問題が何問か出ても、その他で取れるので、心に余裕が生まれます。
また、ど忘れした問題も同様です。見たことない問題は捨てちゃっても問題ないです。

問題を1問でも多く解くことは推奨しますが、その前に、「新・重要問題200」を完璧に仕上げてください。
(2013年12月17日 jyun)

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問 4 0 次の文中の(   )内に入れるA 及び B の語句の組合せとして 、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「鋳鉄製ボイラー(小型ボイラーを除く。) において、給水が水道その他( A  )を有する水源から供給される場合には、給水管を( B )に取り付けなければならない。」

    A            B
(1)高濃度塩素          返り管
(2)浄化装置         膨張管
(3)浄化装置    ボイラー本体 
(4)圧力         返り管
(5)圧力         ボイラー本体

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

島根松江会場で二級ボイラー技士の試験を受験しました。

1.『試験を受けて感じた事』

今回公表問題と照合しましたが、正解以外の記述内容もしっかり
理解=覚えてないといけないと感じました。

例えば、今回
鋼製ボイラーの給水装置で問題で、給水内管の問題は、
今回溶接して取り外し出来ない・・・が出ており、正解は取り外しできるが正解。

つまり、解答選ぶ箇所が5か所あり、ついつい正解の箇所だけ見ますが、
上記の場合の様な 注目されない箇所の記述を変更=問題にする場合があるからです。

精査・検討され苦労された二級ボイラー「合格セット」を確実に実施・理解すれば、おのずから良い結果が待っていると感じました。


2.『勉強方法について』

管理人様が提示されている方法の実施はもちろんの事、

当日の勉強開始前に、前日の間違った問題、たまたま正解した問題を「復習」。
公表問題の過去問を6年分実施      
この2点にも力を入れました。


最後に試験結果は、11/25日に分るのでご報告します。
受かっていれば、一級も受験しますのでその時は宜しくお願い致します。
(2013年11月18日)

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 

↑このページのトップヘ