ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2015年12月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問23 油だきボイラー における重油の加熱について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 粘度の高い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。
(2) C重油の加熱温度は、一般に 8 0〜1 0 5 ℃である。
(3) 加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。
(4) 加熱温度が低すぎると、すすが発生する。
(5) 加熱温度が低すぎると、バーナ管内でベーパロックを起こす。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問22 重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 重油の密度は 、温度が上昇すると増加する 。
(2) 密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低い。
(3) 重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
(4) 重油の粘度は、温度が上昇すると低くなる。
(5) 密度の小さい重油は、密度の大きい重油より単位質量当たりの発熱量が大きい。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問21   次の文中の(  )内に入れるA 及び B の語句の組合 せとして、正しいものは(1)〜(5) のうちどれか。
「液体燃料を加熱すると( A ) が発生し、これに小火炎を近づけると 瞬間的に光を放って燃え始める 。この光を放って燃える最低の温度正を( B ) という。」

    A           B
(1) 酸素   引火点
(2) 水素         着火温度 
(3) 蒸気         着火温度 
(4) 蒸気         引火点
(5) 酸素         着火温度 
 
▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問21   次の文中の(  )内に入れるA 及び B の語句の組合 せとして、正しいものは(1)〜(5) のうちどれか。
 
「液体燃料を加熱すると( A ) が発生し、これに小火炎を近づけると 瞬間的に光を放って燃え始める 。この光を放って燃える最低の温度正を( B ) という。」
 
    A           B
(1) 酸素   引火点
(2) 水素         着火温度 
(3) 蒸気         着火温度 
(4) 蒸気         引火点
(5) 酸素         着火温度 

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問20 単純軟化法によるボイラー補給水の軟化装置について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)軟化装置は、給水を強酸性陽イオン交換樹脂を充てんしたNA塔に通過させて、給水中の硬度成分を取り除くものである。
(2)軟化装置は、給水中のカルシウム及びマグネシウムを除去することができる。
(3)軟化装置による処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増加してくる。
(4)軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂の交換能力が低下した場合は、一般に塩酸で再生を行う。
(5)軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂は、1年に1回程度鉄分による汚染などを調査し、樹脂の洗浄及び補充を行う。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




↑このページのトップヘ