ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2016年02月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問32  ボイラー (小型ボイラー を除く。) の次の部分及び設備を変更しようとするとき、法令上、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要のないものはどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

(1) 据付基礎
(2) 過熱器
(3) 燃焼装置
(4) 空気予熱器
(5) 管ステー

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

( 関 係 法 令 )

問31 法令上、ボイラーの伝熱面積に算入しない部分は、次のうちどれか。

(1) 管寄せ
(2) 煙管 
(3) 水管 
(4) 炉筒
(5) 過熱器

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問30 ボイラー の燃料の燃焼により発生する大気汚染物質について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 排ガス中の NOx は、大部分がNO である。
(2) 燃焼により発生するNOx には、サーマーマルNOx と フューエルNOx がある。
(3) フューエルNOx は、燃料中の窒素化合物から酸化によって生じる。
(4) ダストは、燃料の燃焼により分解した炭素が遊離炭素として残存したものである。
(5) SOx の人体への影響は、呼吸器系の障害などである。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問29 ボイラー の通風について、誤っているものは次のう ちどれか。

(1) 炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。
(2) 煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。
(3) 押込通風は、平衡通風より大きな動力を要し、気密が不十分であると、燃焼ガスが外部へ漏れ、ボイラー効率が低下する。
(4) 誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とする。
(5) 平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問28  次の文中の(  )内に入れるA からC までの語句の 組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「 ガンタイプオイルバーナは、( A )と( B )式 バーナとを組み合わせたもので 、燃焼量の調節範囲が ( C )、オンオフ動作によって自動制御行っているものが多い。」

          A          B     C
(1) ファン        圧力噴霧  狭く
(2) ファン        圧力噴霧      広く
(3) ノズルチップ     蒸気噴霧       狭く
(4) ノズルチップ     蒸気噴霧       広く 
(5) アトマイザ        圧力噴霧       広く

続きを読む

↑このページのトップヘ