ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2016年04月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問4 鋳鉄製ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。 

(1) 暖房用蒸気ボイラーでは、原則として復水を循環使用する。 
(2) 重力式蒸気暖房返り管の取付けには、ハートフォード式連結法がよく用いられる。 
(3) ウェットボトム形は、ボイラー底部にも水を循環させる構造となっている。
(4) ポンプ循環方式の蒸気ボイラーの場合、給水管の取付位置は、安全低水面以下150mm以内の高さにする。 
(5) 鋼製ボイラーに比べ、腐食に強いが強度は弱い。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問3 ボイラーの鏡板について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 鏡板は、胴又はドラムの両端を覆っている部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板という。
(2) 鏡板は、その形状によって、平鏡板、皿形鏡板、 半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられる。 
(3) 平鏡板は、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、大径のものや圧力の高いものはステーによって補強する。 
(4) 皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。
(5) 皿形鏡板は、同材質、同径及び同厚の場合、半だ円体形鏡板に比べて強度が強い。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問2 丸ボイラーと比較した水管ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。 
 
(1) 構造上、低圧小容量用から高圧大容量用に適する。 
(2) 伝熱面積を大きくとれるので、一般に熱効率を高くできる。
(3) 伝熱面積当たりの保有水量が大きいので、起動から所要蒸気発生までの時間が長い。 
(4) 使用蒸気量の変動による圧力変動及び水位変動が大きい。
(5) 給水及びボイラー水の処理に注意を要し、高圧ボイラーでは厳密な水管理を行う必要がある。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
▼こちらもお願いします。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(ボイラーの構造に関する知識)

 問1 熱及び蒸気について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 水の飽和温度は、標準大気圧のとき100℃で、圧力が高くなるほど高くなる。 
(2) 水の温度は、沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで一定である。
(3) 飽和蒸気の比エンタルピは、飽和水1 kgの気化熱である。 
(4) 飽和蒸気の比体積は、圧力が高くなるほど小さくなる。 
(5) 飽和水の蒸発熱は、圧力が高くなるほど小さくなり、臨界圧力に達すると0になる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H27年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問40 ボイラー(小型ボイラーを除く。)について、そうじ、 修繕等のためボイラー(燃焼室を含む 。) の内部に入るとき行わなければならない措置として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1) ボイラーを冷却すること。
(2) ボイラーの内部の換気を行うこと。
(3) ボイラーの内部で使用する移動電灯は、ガードを有するものを使用させること。
(4) ボイラーの内部で使用する移動電線は、キャブタイヤケーブル又はこれと同等以上の絶縁効力
及び強度を有するものを使用させること。
(5)使用中の他のボイラーとの管連絡をしゃ断しないこと。

(終わり)

続きを読む

↑このページのトップヘ