ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2016年09月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問40 ボイラー(移動式ボイラー、屋外式ボイラー及び小型ボイラーを除く。) を設置するボイラー室について、 法令上、誤っているものは次のうちどれか。 

(1) 伝熱面積が5屬両気ボイラーは、ボイラー室に設置しなければならない。

(2) ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として1m以上としなければならない。 

(3) ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火しやすい物を持ち込ませてはならない。 

(4) 立てボイラーは、ボイラーの外壁から壁、配管その他のボイラーの側部にある構造物(検査及びそうじに支障のない物を除く。) までの距離を原則とし て0.45m以上としなければならない。 

(5) ボイラー室に、障壁設置等の防火措置を講じることなく燃料の重油を貯蔵するときは、これをボイラーの外側から2m以上離しておかなければならない。

(終 り)

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問39 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の定期自主検査における項目と点検事項との組合せとして、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

        項目        点検事項
(1)燃料送給裝置・・・・・損傷の有無
(2)火炎検出裝置・・・・・汚れ又は損傷の有無 
(3)燃料しや断装置 ・・・機能の異常の有無 
(4)給水裝置・・・・・・・・・損傷の有無及び作動の状態 
(5)水処理裝置・・・・・・・機能の異常の有無

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。



 
続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問38 法令上、ボイラー(小型ボイラーを除く。) の変更検査を受けなければならない場合は、次のうちどれか。 

(1) ボイラーの空気予熱器に変更を加えたとき 
(2) ボイラーの給水装置に変更を加えたとき
(3) ボイラーの過熱器に変更を加えたとき 
(4) 使用を廃止したボイラーを再び設置しようとするとき
(5) 構造検査を受けた後、1年以上設置されなかったボイラーを設置しようとするとき

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問37 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の附属品の管理のため行わなければならない事項として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。 

(1) 圧力計の目もりには、ボイラーの最高使用圧力を示す位置に、見やすい表示をすること。 
(2) 蒸気ボイラーの常用水位は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、現在水位と比較することができるように表示すること。
(3) 圧力計は、使用中その機能を害するような振動を 受けることがないようにし、かつ、その内部が 100 ℃以上の温度にならない措置を講ずること。 
(4) 燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。 
(5) 温水ボイラーの返り管は、凍結しないように保温その他の措置を講ずること。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログでご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問36 ボイラー取扱作業主任者の職務として、法令に定められていない事項は次のうちどれか。

(1) 圧力、水位及び燃焼状態を監視すること。 
(2) 急激な負荷の変動を与えないように努めること。
(3) 1日に1回以上、安全弁の吹出し試験を行うこと。 
(4) 低水位燃焼しや断装置、火炎検出装置その他の自動制御装置を点検し、及び調整すること。 
(5) 排出されるばい煙の測定濃度及びボイラー取扱い中における異常の有無を記録すること。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

▼こちらもお願いします。




続きを読む

↑このページのトップヘ