二級ボイラー・公表試験問題 (H25年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH25年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。 
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問17 油だきボイラーの運転中にバーナチップ、炉壁などに炭化物が生成する原因として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)バーナの油噴射角度が不適正である。
(2)バーナの油噴霧粒径が小さい。
(3)燃料油の圧力が不適正である。
(4)燃料油の温度が不適正である。
(5)燃料油の残留炭素分が多い。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

問17 バーナチップ、炉壁などに炭化物が生成する原因について

解答:2

解説:注目問題 P156

(2)バーナの油噴霧粒径が小さい。これは間違い。(逆に、油噴霧粒径が大きい場合は炭化物が生成する原因となり得る)  他は正しい。