一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

〔ボイラーの取扱いに関する知識〕

問1 1 ボイラーの運転中の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。


( 1 )二組の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。
( 2 )水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉 まっているか又は水側連絡管に詰まりが生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。
( 3 )燃焼量を増すときは、空気量を先に増してから燃料供給量を増す。
( 4 )炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合は、煙管最高部の上75mmの位置とする。
( 5 )給水ボンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視 し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときは、給水管路が詰まっていないか調べる。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

問11 ボイラーの運転中の取扱いについて

解答:4

解説:◎出題頻度大 

( 4 )炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合は、煙管最高部の上100mmの位置とする。 P329