二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 1 ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )安全弁の調整ボルトを定められた位置に設定した 後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を 作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。
( 2 )ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3 % 増以下で作動するように調整することができる。
( 3 )エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。
( 4 )最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。
( 5 )安全弁の手動試験は、常用圧力の75 % 以下の圧力で行う。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

問11 ばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について


解答:5

解説: ◎出題頻度大、P170171 

( 5 )安全弁の手動試験は、常用圧力の75 % 以上の圧力で行う。