一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問1 5 ボイラーのばね安全弁の調整及び試験に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80 % 程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。
( 2 )ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3 % 増以下で作動するように調整することができる。
( 3 )過熱器用安全弁は、過熱器の焼損を防ぐため、ボイラー本体の安全弁より先に作動するように調整する。
( 4 )最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合で、各ボイラーの安全弁をそれぞれの最高使用圧力に調整したいときは、圧力の高いボイラー側に蒸気逆止め弁を設ける。
( 5 )安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75 % 以上の圧力で行う。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ


問15 ばね安全弁の調整及び試験について


解答:4


解説:
注目問題 

( 4 )最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合で、各ボイラーの安全弁をそれぞれの最高使用圧力に調整したいときは、圧力の低いボイラー側に蒸気逆止め弁を設ける。P351