ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

Category: 二級ボイラー関係

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH29年4月3日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成28年7月から12月までに実施されたものです)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで、順次、ご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問1 ボイラーの水循環について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )水循環が良いと熱が水に十分に伝わり、伝熱面温度は水温に近い温度に保たれる。
( 2 )丸ボイラーは、伝熱面の多くがボイラー水中に設けられ、水の対流が容易なので、特別な水循環の系路を構成する必要がない。
( 3 )水管ボイラーは、水循環を良くするために、水と気泡の混合体が上昇する管と、水が下降する管を区別して設けているものが多い。
( 4 )自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなり、循環力が強くなる。
( 5 )水循環が不良であると気泡が停滞したりして、伝熱面の焼損、膨出などの原因となる。


良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
続きを読む

二級ボイラー公表試験問題(H29年4月)解答・解説付 進呈!

安全衛生技術試験協会がH29年4月3日付で更新した「二級ボイラー技士公表試験問題」に基づいて、「解答・解説」を作成中です。

この最新の公表試験問題(解答・解説付)を下記の条件の方に差し上げます。

●お申し込みの締め切り:4月30日(日)

●お申し込み条件
 1.2017年4月中に「二級ボイラー合格セット」注文・購入者
 2.2016年10月以降の「二級ボイラー合格セット」購入者
 3.その他 2016年10月以降「二級ボイラー図書」複数購入者

●お申し込み要領(下記を記入し、メール下さい)
1.ご氏名
2.二級ボイラー図書 購入月
3.試験予定日
4.メールアドレス (発送先)

●発 送:2017年4月中旬以降
1.Eメール添付で発送します。(無料)
2.印刷して発送の希望者は、ご連絡下さい。(有料)

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

最新の公表試験問題が更新されました!

財)安全衛生技術試験協会のHPに

最新の公表試験問題が、平成29年4月3日付けで掲載されています。

二級ボイラー技士 公表試験問題(平成29年4月掲載)

平成29年4月掲載の試験問題は、平成28年7月から12月までに実施したものです。

1.試験問題はPDFファイルで作成されています。ルビ、化学記号、単位などが正確に表示できないことがあります。また、プリンターなどの使用機器によっては、正確な印字や表示がされないことがあります。
2.実際の試験問題は、B4サイズです。
3.選択肢番号の前に「○」を付記したものが正答です。

試験問題をご覧になるには、アドビ システムズ社のAdobe Readerが必要です。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
 

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)
 

問40 鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。) の給水装置等について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。
 

(1) 蒸気ボイラーには、最大蒸発量以上を給水することができる給水装置を備えなければならない。
(2) 近接した2 以上の蒸気ボイラーを結合して使用する場合には、結合して使用する蒸気ボイラーを1 の蒸気ボイラーとみなして、要件を満たす給水装置を備えなければならない。
(3) 自動給水調整装置は、蒸気ボイラーごとに設けなければならない。
(4) 貫流ボイラーの給水装置の給水管には、給水弁のみを取り付け、逆止め弁を省略することができる。
(5) 給水内管は、胴又はドラムに溶接によって取り付け、取り外しができない構造としなければならない。 

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒
二級ボイラー「合格セット」

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問39 鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。) の水面測定装置について、次の文中の(  )内に入れる Aから Cまでの語句の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「 ( A )側連絡管は、管の途中に中高又は中低のない構造とし、かつ、これを水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる( B )水位より( C  )であってはならない。」


     A     B   C

(1) 水          最 低      上
(2) 水          最 低      下
(3) 水     最 高    下
(4) 蒸 気   最 高    上
(5) 蒸 気   最 低    下
★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

続きを読む

↑このページのトップヘ