ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

Category: 二級ボイラー関係

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 0 ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。
( 2 )煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。
( 3 )押込通風は、一般に常温の空気を取り扱い、所要動力が小さいので広く用いられている。
( 4 )誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、炉内の気密が不十分であると燃焼ガスが外部へ漏れる。
( 5 )平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問2 9 ボイラーの熱損失のうち、一般に最も大きなものは次のうちどれか。

( 1 )不完全燃焼ガスによる損失
( 2 )燃えがら中の未燃分による損失
( 3 )吹出しによる損失
( 4 )排ガス熱による損失
( 5 )ドレンによる損失


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問2 8 ボイラーの油バーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )圧力噴霧式バーナは、油に高圧力を加え、これをノズルチップから炉内に噴出させて微粒化するものである。
( 2 )戻り油式圧力噴霧バーナは、単純な圧力噴霧式バーナに比べ、バーナ負荷調整範囲が広い。
( 3 )高圧蒸気噴霧式バーナは、比較的高圧の蒸気を霧化媒体として油を微粒化するもので、バーナ負荷調整範囲が広い。
( 4 )回転式バーナは、カップの内面で油膜を形成し、空気用ノズルからの空気を高速回転させ、油を微粒化するものである。
( 5 )ガンタイプバーナは、ファンと圧力噴霧式バーナを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が狭い。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問2 7 ボイラー用ガスバーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラー用ガスパーナは、ほとんどが拡散燃焼方式を採用している。
( 2 )拡散燃焼方式ガスパーナは、空気の流速・旋回強さ、ガスの分散・噴射方法、保炎器の形状などにより、火炎の形状やガスと空気の混合速度を調節する。
( 3 )センタータイブガスパーナは、空気流の中心にガスノズルがあり、先端からガスを放射状に噴射する。
( 4 )マルチスパッドガスパーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔があり、空気流の外側からガスを内側に向かって噴射する。
( 5 )ガンタイブガスパーナは、バーナ、ファン、点火装置、燃焼安全装置、負荷制御装置などを一体化したもので、中・小容量のボイラーに用いられる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 6 メタンガス2 m3を完全燃焼させるときに必要な理論空気量の値に最も近いものは、( 1 ) 〜( 5 )のうちどれか。
なお、メタンが完全燃焼して二酸化炭素と水になる反応式は次のとおりである。また、体積は、標準状態の体積とする。
CH4十2 O2 → CO2十 2 H2 O


( 1 ) 4. 0 m3
( 2 ) 5. 0 m3
( 3 ) 10. 0 m3
( 4 ) 16. 0 m3
( 5 ) 19. 0 m3
 
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ