二級ボイラー試験ーこの過去問題で合格した


二級ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
過去問題の解答・解説を提供します。 勉強方法、問題集、試験情報、合格体験記等もご紹介します。
(by nanayo)

二級ボイラー関係

燃料及び燃焼−8 圧力噴霧式バーナの噴射油量調節方法

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問28 ボイラーの圧力噴霧式バーナの噴射油量を調節する方法として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) バーナの数を加減する。
(2) バーナのノズルチップを取り替える。
(3) 油加熱器を用いる。
(4) 戻り油式圧力噴霧バーナを用いる。
(5) プランジャ式圧力噴霧バーナを用いる。 
 ★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

続きを読む

燃料及び燃焼−7 石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

間2 7 ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 低質な燃料でも使用できる。
(2) 層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。
(3) ばいじんの排出量が多い。
(4) 微粉炭バーナ燃焼方式に比べて石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。
(5) 層内温度は、l,500℃前後である。 

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

続きを読む

燃料及び燃焼−6 一次空気及び二次空気について

二級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問2 6 ボイラーの燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 油・ ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。
(2) 微粉炭バーナ燃焼における二次空気は、微粉炭と予混合してバーナに送入される。
(3) 火格子燃焼における一次空気は、一般の上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。
(4) 火格子燃焼における二次空気は、燃料層上の可燃ガスの火炎中に送入される。
(5) 火格子燃焼における一次空気と二次空気の割合は、一次空気が大部分を占める。 

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

続きを読む
美女歴
2B カテゴリ別アーカイブ
訪問者数:日別

    好評の定番図書 ご注文はこちら!
    初心者を一発合格へ!

    二級ボイラー 「合格セット」
    二級・合格体験記
    記事検索
    二級・専用ホームページ
    livedoor プロフィール
    一級・専用ホームページ
    楽天市場
    Amazonライブリンク
    ログール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ