二級ボイラー試験・合格への道

二級ボイラー技士試験「一発合格サイト」です。
二級ボイラー試験の一発合格を目指す貴方に「最新の試験情報」をご提供します。(by nanayo)

二級ボイラー

最新の 公表試験問題を差し上げます!

二級ボイラー公表試験問題(H26年10月)解答・解説付 進呈!

安全衛生技術試験協会がH26年10月1日付で更新した「二級ボイラー技士公表試験問題」に基づいて、「解答・解説」を作成中です。
この最新の公表試験問題(解答・解説付)を下記の条件の方に差し上げます。

●お申し込みの締め切り:10月26日(日)まで

●お申し込み条件
「二級ボイラー合格セット」購入者限定
  (2014年7月1日〜2014年10月26日までの購入者)

●お申し込み要領(下記を記入し、メール下さい)
1.ご氏名
2.「二級ボイラー合格セット」購入月
3.試験予定日
4.メールアドレス (発送先)

●発 送
10月中旬以降に、Eメール添付で発送します。

二級ボイラー技士公表問題(平成26年10月)-1

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成26年1月から6月までに実施されたもの)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(ボイラーの構造に関する知識)

問1 ボイラーの容量及び効率について、次のうち誤っているものは次のどれか。

(1)蒸気ボイラーの容量(能力)は、最大連続負荷の状態で、1時間に消費する燃料量で示される。
(2)蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なる。
(3)換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるのに要した熱量を、2257kJ/kgで除したものである。
(4)ボイラー効率とは、全供給熱量に対する発生蒸気の吸収熱量の割合をいう。
(5)ボイラー効率の算定にあたっては、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

【重要】二級ボイラー公表問題 本日更新!

最新の公表試験問題が更新されました!

(財)安全衛生技術試験協会のHPに
http://www.exam.or.jp/exmn/LCkohyo.htm

最新の公表試験問題が、2014年10月1日付けで掲載されています。


平成26年10月掲載の試験問題は、平成26年1月から6月までに実施したものです。
 
1.試験問題はPDFファイルで作成されています。ルビ、化学記号、単位などが正確に表示できないことがあります。また、プリンターなどの使用機器によっては、正確な印字や表示がされないことがあります。
2.実際の試験問題は、B4サイズです。
3.選択肢番号の前に「○」を付記したものが正答です。
4.個々の試験問題及び正答、正答例に関する問合せには応じられません。

試験問題をご覧になるには、アドビ システムズ社のAdobe Readerが必要です。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ 

9月6日の青森出張試験  合格通知書が届きました

9月6日(土)の青森出張試験を受験し、先日合格通知書が届きました。

6月に購入させて頂いた「ボイラー図書」のおかげです。
はっきり言ってこれがなければ合格は無理でした。

「新・重要問題200」を6回、「実戦問題200」を3回まわし90点以上とれるまでやりました。

期間で言うと毎日はできませんでしたので、1箇月と半月程度です。

問題の内容は見たことがない問題が数問ありましたが、今でも覚えているのは溶接修理をした後の手続きの順番の問題です。
溶接検査−構造検査−落成検査
このような選択肢が5個ありまして、多分私は間違えました。

それ以外は覚えていないので、申し訳ありません。

しかし、結果的に合格できましたので「ボイラー図書」をしっかりやれば何の影響もないということです。
本当に有難うございました。(jyun 2014/09/27)

9月6日 2級ボイラー試験  合格しました

おかげさまで、2級ボイラー試験に一発合格することができました。

勉強期間が58日しかなかったので、まず標準テキストを1回読みました。
次に法令の規則を1回読みました。
次に、標準問題をテキストを読みながら解いていきました。

その後、「新・重要問題200」と「実戦問題200新版」を1回解きました。
解らないところは、テキストを読みながら、やりました。
試験日まで日数があまりなかったので、これで勉強は終わりでした。

練習問題を解いていると、だんだんと、出題される傾向が解ってきました。
試験当日、試験問題を解くのに、30分で終えることができました。

とにかく問題を沢山こなすことが、一番の近道のように思いました。
(keiichi 2014/09/25 )

二級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-17

二級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

二級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問17 ボイラーに使用される次の管類のうち、伝熱管に分類されないものはどれか。

(1)煙管
(2)水管
(3)蒸気管
(4)エコノマイザ管
(5)過熱管

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-16

二級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

二級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問16 ボイラー各部の構造と強さに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)胴又はドラムの継手には、長手方向及び周方向の2種類がある。
(2)ボイラーの胴板には、内部の圧力によって引張応力が発生する。
(3)周継手の強さは、長手継手の強さの2倍以上必要である。
(4)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部から成っている。
(5)平鏡板は、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、圧力の高いものはステーによって補強する必要がある。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-15

二級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

二級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問15 鏡板及び管板に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)同一材料、同一寸法の場合、半だ円体形鏡板は、皿形鏡板より強度が大きい。
(2)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部からなっている。
(3)皿形鏡板の球面殻部は、すみの丸みをなす部分である。
(4)平鏡板には、内部の蒸気圧力によって曲げ応力が生ずる。
(5)管板には、管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-14

二級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

二級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問14 胴及びドラムに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)胴及びドラムが円筒形になっているのは、同種、同厚の材料に対し大きな強度を得ることができるからである。

(2)胴板には、内部の蒸気圧力によって引張応力が発生する。

(3)胴板に生じる応力には、周方向の応力及び軸方向の応力がある。

(4)周継手の強さは、長手継手に求められる強さの2倍以上必要である。

(5)胴板の溶接、胴板と鏡板との溶接などの重要な継手は、突合せ両側溶接を行うことが原則である。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-13

二級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

二級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問13 ボイラー各部の構造と強さに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ボイラーの胴板には、内部の圧力によって周方向及び軸方向に引張応力が生じる。
(2)胴の長手継手の強さは、胴の周継手に求められる強さの1/2あればよい。
(3)平鏡板には、内部の圧力によって曲げ応力が生じる。
(4)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部からなっている。
(5)炉筒は、燃焼ガスによって加熱されると、鏡板で拘束されているため炉筒板内部に圧縮応力が生じる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ

▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む
美女歴
好評の定番図書 ご注文はこちら!

初心者を一発合格へ!

二級ボイラー 「合格セット」
訪問者数:日別

    二級・専用ホームページ
    「合格セット」質問掲示板
    二級B/質問掲示板
    「合格セット」サポート
    二級・合格体験記
    二級・合否判定に挑戦!
    二級ボイラー試験問題
    合否を判定します!
    二級ボイラー掲示板
    二級・試験情報交流板
    一級・専用ホームページ
    My Blog Ranking
    目標:50位!応援お願いします
    天気予報
    記事検索
    メッセージを下さい!
    livedoor プロフィール
    ログール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ