二級ボイラー試験・合格への道

二級ボイラー技士試験「一発合格サイト」です。
二級ボイラー試験の一発合格を目指す貴方に「最新の試験情報」をご提供します。(by nanayo)

二級ボイラー

二級ボイラー公表試験問題(平成26年4月)と解答-32

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問32 次の文中の(  )内に入れるA及びBの語句の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「ボイラー(小型ボイラーを除く。)については、使用を開始した後、( A )以内ごとに1回、定期に、ボイラー本体、燃焼装置、( B )、附属装置及び附属品について自主検査を行わなければならない。」

    A      B
(1)1か月  自動制御装置
(2)3か月  空気予熱器
(3)6か月  給水装置
(4)6か月  自動制御装置
(5)1年  給水装置

続きを読む

二級ボイラー公表試験問題(平成26年4月)と解答-31

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(関係法令)
問31 次の文中の(  )内に入れるAの数値及びBの語句の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「設置されたボイラー(小型ボイラーを除く。)に関し、事業者に変更があったときは、変更後の事業者は、その変更後( A )日以内に、ボイラー検査証書替申請書に( B )を添えて、所轄労働基準監督署長に提出し、その書替えを受けなければならない。」
   A      B
(1)10 ボイラー検査証
(2)10 ボイラー明細書
(3)30 製造許可書
(4)30 ボイラー検査証
(5)30 ボイラー明細書

 ▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)と解答-30

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問30 ボイラーの重油バ一ナについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)圧力噴霧式パ一ナは、油に高圧力を加え、これをノズルチップから炉内に噴出させて微粒化する。
(2)戻り油式圧力噴霧バーナは、単純な圧力噴霧式バーナに比べターンダウン比が広い。
(3)蒸気噴霧式バーナは、蒸気を霧化媒体として油を微粒化するもので、ターンダウン比が広い。
(4)回転式バーナは、回転軸に取り付けられたカップの内面で油膜を形成し、遠心力により油を微粒化する。
(5)ガンタイプバーナは、ファンと空気噴霧式バーナを組み合わせたもので、空気圧により油を微粒化する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)と解答-29

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問29 ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを通風という。
(2)煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス温度が高いほど大きくなる。
(3)押込通風は、燃焼用空気をファンを用いて大気圧より高い圧力の炉内に押し込むものである。
(4)誘引通風では、温度が高く、すす、ダストや腐食性物質を含む燃焼ガスによってファンの腐食、摩耗が起こりやすい。
(5)平衡通風は、押込ファンと誘引ファンを併用したもので、炉内圧を大気圧より高く調節する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)と解答-28

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問28 次の文中の(  )内に入れるAからCの語句の組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
( A )燃焼における( B )は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。また( C )は、旋回又は交差流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、燃焼を完結させる。」

     A         B        C
(1)油・ガスだき   一次空気   二次空気
(2)油・ガスだき   二次空気   一次空気
(3)火格子      一次空気   二次空気
(4)火格子      二次空気   一次空気
(5)流動層      二次空気   一次空気

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)と解答-27

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問27 重油に含まれる水分及びスラッジによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水分が多いと、熱損失を招く。
(2)水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。
(3)水分が多いと、油管内でベーパロックを起こす。
(4)スラッジは、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉そくさせる。
(5)スラッジは、ポンプ、流量計、パーナチップなどを摩耗させる。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)と解答-26

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問26 ボイラーの燃料油タンクについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。
(2)サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の2時間分以上である。
(3)屋外貯蔵タンクの油取出し管はタンクの上部に、油送入管はタンクの底部から2 0〜3 0cm上方に取り付ける。
(4)屋外貯蔵タンクには、油面計を取り付ける。
(5)サービスタンクには、油面計を取り付けるほか、自動油面調節装置を設ける。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)・解答-24

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問24 ボイラーにおける気体燃料の燃焼方式について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)拡散燃焼方式は、ガスと空気を別々にパーナから燃焼室に供給し、燃焼させる方法である。
(2)拡散燃焼方式は、パーナ内に可燃混合気を作らないため逆火のおそれがない。
(3)予混合燃焼方式は、安定な火炎を作りやすい。
(4)予混合燃焼方式は、気体燃料に特有な燃焼方式で。
(5)予混合燃焼方式は、大容量バーナに多く採用される。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

合格体験記から

合格セットで一発合格 

12月14日試験 一発合格することができました

合格セットの勉強方法

実戦問題200、重要問題200を繰り返し4回ほどやりました。その中で不得意な問題を絞り暗記するまでくりかえしました。

今後受験する方へのアドバイスです

まずは「合格セット」の問題を解きながら、わからない部分はボイラー教本を見ながら頭にいれていく方法がいいと思います。

自分は初めての受験ということもあり、本屋さんで数冊ボイラーに関する問題集を買ったり、ボイラー協会の発行する過去問題とか試験前の講習にも参加してお金も使いました。

その後ネットで二級ボイラー「合格セット」のことを知りました。
実際の試験ではほとんど「実戦問題200」、「重要問題200」と同じような問題が出題されました。

勉強時間をあまり取れない方には是非この「合格セット」がいいと思います。
(2013/01/01satoru)

二級ボイラー公表問題(平成26年4月)・解答-23

二級ボイラー技士公表試験問題 (H26年04月)

財)安全衛生技術試験協会はH26年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成25年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
間違い、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問23 ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)低質な燃料でも使用できる。
(2)層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。
(3)層内での伝熱性能が良いので、ボイラーの伝熱面積を小さくできる。
(4)高温燃焼のため、ばいじんの排出量が少ない。
(5)微粉炭パーナ燃焼方式に比べ、石炭粒径が大きく、粉碑動力が軽減される。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
続きを読む
美女歴
好評の定番図書 ご注文はこちら!

初心者を一発合格へ!

二級ボイラー 「合格セット」
訪問者数:日別

    天気予報
    二級・専用ホームページ
    My Blog Ranking
    目標:50位!応援お願いします
    「合格セット」質問掲示板
    二級B/質問掲示板
    「合格セット」サポート
    二級・合格体験記
    二級・合否判定に挑戦!
    二級ボイラー試験問題
    合否を判定します!
    二級ボイラー掲示板
    二級・試験情報交流板
    記事検索
    一級・専用ホームページ
    メッセージを下さい!
    livedoor プロフィール
    ログール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ