ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

Category: 一級ボイラー関係

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 8 ファンに関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラーの通風に用いるファンは、比較的風圧が低く、送風量が大きいことが必要であり、さらに 誘引ファンは、摩耗や腐食に強いことが必要である。
( 2 )多翼形ファンは、羽根車の外周近くに浅く幅長で 前向きの羽根を多数設けたもので、効率が低い。
( 3 )多翼形ファンは、小形、軽量、安価であるが、高温、高圧、高速の送風には適さない。
( 4 )後向き形ファンは、羽根車の主板及び側板の間に 8 〜24枚の後向きの羽根を設けたもので、効率が 
( 5 )ラジアル形ファンは、中央の回転軸から放射状に6 〜12枚の平面状の羽根を取り付けたもので、効率は良いが、摩耗や腐食に弱い。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 7 重油バーナに関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )蒸気(空気)噴霧式油バーナは、比較的高圧の蒸気 (空気)を霧化媒体として燃料油を微粒化するもので、霧化特性が良く、油量調節範囲も広い。
( 2 )ロータリバーナは、旋回室の中心のノズルから噴射する燃料油を、旋回する空気の遠心力によって微粒化するもので、中小容量のボイラーに用いられる。
( 3 )戻り油形の圧力噴霧式油バーナは、負荷に関係なくほぼ同一油量を供給し、燃焼量を超える油量を油ボンプの吸込み側に戻すもので、油量調節範囲は、非戻り油形のものより広い。
( 4 )噴霧式油バーナのスタビライザは、燃料噴流と空 気の初期混合部で、空気に渦流又は旋回流を与えて燃料噴流との接触を速め、着火を確実にし、燃焼を安定させるものである。
( 5 )ガンタイプ油バーナは、ファンと圧力噴霧式油バーナとを組み合わせたもので、蒸発量が3 t/h程度 以下の比較的小容量のボイラーに多く用いられる。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 6 メタンガス2 m3を完全燃焼させるときに必要な理論空気量の値に最も近いものは、( 1 ) 〜( 5 )のうちどれか。
なお、メタンが完全燃焼して二酸化炭素と水になる反応式は次のとおりである。また、体積は、標準状態の体積とする。
CH4十2 O2 → CO2十 2 H2 O


( 1 ) 4. 0 m3
( 2 ) 5. 0 m3
( 3 ) 10. 0 m3
( 4 ) 16. 0 m3
( 5 ) 19. 0 m3
 
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 5 燃焼及び燃焼室に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )理論燃焼温度とは、基準温度において、燃料が理論空気量で完全燃焼し、外部への熱損失がないと仮定した場合に到達すると考えられる燃焼ガス温度をいう。
( 2 )理論燃焼温度は、燃料の低発熱量及び燃焼ガスの平均定圧比熱に比例する。
( 3 )単位時間における燃焼室の単位容積当たりの発生熱量を燃焼室熱負荷という。
( 4 )微粉炭バーナを有する水管ボイラーの燃焼室熱負荷は、通常、油・ガスバーナを有する水管ボイラーのそれより小さい。
( 5 )実際燃焼温度は、燃料の種類、空気比、燃焼効率などの条件で大きく変わり、局部的な温度は1,800 ℃ に達することもある。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 4 石炭に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )石炭が炉内で加熱されると、まず揮発分が放出され、長炎となって燃焼する。
( 2 )石炭を火格子上で燃焼させるとき、揮発分が放出 された後に残るのが「おき」で、これは固定炭素が燃焼しているものである。
( 3 )固定炭素は、石炭の主成分をなすもので、石炭化度の進んだものほど多い。
( 4 )石炭化度が低い石炭は、揮発分が少なく、ガスの放出量が少ないため発熱量は小さい。
( 5 )無煙炭は、最も石炭化度の進んだ石炭で、燃焼速度が遅いため燃焼滞留時間を長くする必要がある。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ