February 26, 2006

今日は、南美唄ミニバス少年団の卒団式。
卒団する6年生は、7名。

14時から学校の体育館で記念試合を行いました。

まず、卒団生vs在団生(2Q)

体の大きさ、スピード、技術、どれをとってもやはり6年生が一枚上手。
上級生がいなかったので、2年間このチームの中心としてがんばってきた自信と貫禄が漲っています。
でも、5年生以下も負けていません。声も出ているし、足も動いている。
今日の記念試合の意味を一番理解していたのが在団生たちだったかもしれません。
しっかりと先輩たちからのバトンを受け取ることができました。


つぎに、卒団生vsおやじおかん(2Q)

こちらは大爆笑!!!

おやじおかんチーム、元気がよかったのは3分間、まさにウルトラマン状態。
カラータイマーの消滅とともに、床に這いつくばる姿があちらこちらに。
その間を目にもとまらぬ速さで駆け抜けていく6年生。

試合ではいつも「走れ!」「足が止まってるぞ!」なんて言っているおやじおかんの面々もちょっと反省いたしました。こんなにきつかったのね


試合後、記念品の贈呈。

卒団生から「寄せ書き」と「写真入り記念ボール」をいただきました。
また宝物が増えました。ありがとう、大事にします。

在団生から卒団生への記念品贈呈のとき、新キャプテンYUKINAが涙。
それにつられるように卒団生の目にも涙。
おいおい、やめてくれよぅ。こっちはさっきから必死でこらえてるんだからぁ。

最後に卒団生一人ずつのランニングシュートで卒団式終了となりました。


HONOKA、SAEKO、YUI、KANA、MIHO、AYAKA、YUKI
卒団、おめでとう。今まで本当によくがんばりました。
ミニバスケットボールを通じて学んだたくさんのことを忘れることなく
新たなる目標に向けてまた努力を続けてください。
南美唄ミニバス少年団も、もっともっとがんばるからね。


(23:30)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ミニバス卒団 −特集  [ ミニバスあるはる:ミニバスおやじ連盟・ミニバスおかん連盟傘下 ]   March 05, 2006 11:38
ミニバス 卒団の季節です 各地の卒団行事を特集します 卒団式 前編ーうちの悟空はポイントガード    http://kitmsk.blog7.fc2.com/blog-entry-207.html 卒団式に行ってきました。9:00に始

この記事へのコメント

1. Posted by レオンのちち   February 27, 2006 19:53
おやじは最近涙腺が異常にゆるくて他のチームの卒団話を読むだけでウルウルしちゃってます。
こんな調子じゃ1年後の自分の娘の卒団式にはどんな事になっちゃうか不安でいっぱいです。

1月に娘達にちょっと稽古をつけてやろうとお父さん達で企画しベストメンバー+2名 連れて体育館へ行きました。
バスケ経験者のお父さん中心にハーフコートでちょっと仕込んだ後オールコートでゲーム形式で走ってみましたが3分どころがエンドからエンドまで全力で2往復した位で息が上がって死ぬかと思いました。
子供達に「最後まで走れ!」とか応援してた自分に反省しましたが、次の試合でも「早く戻れ!まだ走れるゾ〜」と叫んでいたおやじは鬼ですかね?
2. Posted by T   February 27, 2006 21:39
レオンのちちさん、コメントありがとうございます。

バスケットのプレー?の中で一番つらいのが「走る」ことだと思います。特に速攻かけられて、必死で追いかけたのにシュート決められちゃったときなんかは、どれだけつらいことでしょう。
だから、いっぱい走ってがんばってディフェンスする子は、むちゃくちゃ褒めちぎります。どんなプレーよりも褒めちぎります。
4Qくらいになると、疲労で足が動かなくなりますよね。そんなとき、応援席の「まだ走れるゾ〜!」の声は、きっと子ども達の力になるのではないでしょうか。どんどん叫んじゃいましょうよ。
3. Posted by コーチS   February 28, 2006 21:59
最後にランニングシュートとは、いいですね。
いつでもお別れはつらいものですが、うちも楽しい会にしたいと思っています。
4. Posted by T   February 28, 2006 23:33
コーチSさん、コメントありがとうございます。

ランニングシュートの球出しをコーチがさせられるのですが、ウルウルきてるのをごまかすために「うりゃ〜!」と気合を入れすぎて、子どもが取れないようなパス出しまくってしまいました。(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔