アイアイまとめん速報

    1: 風吹けば名無し 2017/02/13(月) 05:06:17.86 ID:CAP_USER9
    伊東紗冶子:“神ボディー”キャスターが大胆ビキニ 「週プレ」グラビアで「新発見」も
    2017年02月13日

     2013年にミス近畿大のグランプリに輝き、ネットなどで“豊満なボディー”が話題になっているフリーアナウンサーの伊東紗冶子さんが、13日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)9号の表紙と巻頭グラビアを飾った。グラビアのテーマは「大人のリゾートデート」で、1月に沖縄県・宮古島で撮影。伊東さんは「キャスター界ナンバー1神ボディー」と紹介され、大胆なビキニ姿を披露した。

     伊東さんは「今回のグラビアは、時期が冬だったということもあって海で泳いだりということもなく、これまでに比べて動きで表現するという割合が、少なかった印象があります。その分、今までにない表情を出せればいいなと思って撮影に臨んでいました。表紙に使っていただいたカットは、『こんな表情もするんだな』という自分でも新発見のカットだったのでとても気に入っています」とコメントを寄せている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・「週刊プレイボーイ」9号の表紙と巻頭グラビアに登場した伊東紗冶子さん(C)三瓶康友/週刊プレイボーイ
    no title

    no title

    no title

    http://mantan-web.jp/2017/02/13/20170212dog00m200010000c.html

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/11(土) 06:16:21.62 ID:M+qeK9RU0● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    島袋寛子&早乙女友貴SPEED婚 交際1年記念日きょう婚姻届
    スポニチアネックス 2/11(土) 5:35配信

    女性ユニット「SPEED」の島袋寛子(32)が、早乙女太一(25)の弟で舞台俳優の早乙女友貴(20)ときょう11日に結婚することが10日、分かった。
    関係者によると、11日は、交際が始まって丸1年の記念日。2人そろって島袋の故郷沖縄の役所に婚姻届を提出する。事前に報告を受けた知人は
    「2人とも幸せいっぱいの様子で“夫婦になります”と言っていた。昨年に婚約した時から2月11日の記念日に結婚することを決めていたようだ」と明
    かした。
    2人の交際は昨年9月、スポニチ本紙報道で明るみになった。この報道を受け、それぞれがブログで婚約したことを発表。島袋は「お仕事で出会い、
    仲良くなり、このようなかたちとなりました」と報告していた。
    昨年2、3月に上演された舞台「刀舞鬼―KABUKI―」で初共演し、約1カ月の稽古中に意気投合。交際してすぐに結婚を意識するようになり、まも
    なく島袋の自宅マンションで同棲を始めて愛を育んできた。
    島袋が96年にSPEEDでデビューした時、早乙女は生後3カ月の乳児だったという12歳の年の差カップル。リードしているのは早乙女の方だといい、
    かいがいしく尽くすタイプの島袋が、成人したばかりの早乙女を支えている。
    島袋は結婚後も仕事を続ける。早乙女は今後も舞台を中心に活動していく予定で、4月には大阪、東京で舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」への出演が
    控えている。挙式・披露宴は未定。近く新居を構える意向という。
    交際から1年でゴールインし、まさに“SPEED婚”となる。小学生でデビューした島袋がどんなミセスになるか、注目される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000001-spnannex-ent
    島袋寛子と早乙女太一
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/11(土) 05:07:47.53 ID:CAP_USER9
     女優の芦田愛菜(12)が、都内の名門私立中学に合格し、今春から進学することが10日、分かった。

     同中学は、偏差値70を超える首都圏では最難関校の一つとして有名。芦田は、女優業のかたわら、大手の中学受験予備校に通い、見事にサクラを咲かせた。

     昨夏から芸能活動をセーブ。小学校にも休まず通いながら、休日には女優業で培った集中力を発揮し、1日12時間の猛勉強をこなしたという。

     知人によれば、同校以外にも、東大合格者を多数輩出するトップレベルの中学などにも複数合格しているという。天才子役が学問の面でも“天才”だったことを証明した形だ。

     芦田は5歳だった2010年に、日本テレビ系ドラマ「Mother」に出演。子供離れした演技力で注目を集めた。翌11年にはフジ系「マルモのおきて」でゴールデン枠の連ドラ史上最年少(6歳)で初主演し、高視聴率を記録。主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビューも果たし、同年の紅白歌合戦にも最年少で初出演した。

     「マルモ-」で共演した鈴木福(12)や、現在、NHKドラマ「精霊の守り人 悲しき破壊神」に出演する鈴木梨央(12)、女優とフィギュアスケーターの二足のわらじを履く本田望結(12)など、“愛菜ちゃん世代”の子役たちも、来春からそろって中学生。大人への階段をどう上っていくのか、注目を集めそうだ。

    デイリースポーツ 2/11(土) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000002-dal-ent
    no title

    続きを読む

    このページのトップヘ