アイアイまとめん速報

    カテゴリ:サッカー日本代表

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 21:17:51.09 ID:???*.net
    サッカー日本代表の宇佐美貴史選手の妻で、フリーアナウンサー、タレントの宇佐美蘭さん(23)が8日、
    東京都内で行われたイベントに出席。
    現在、妊娠6カ月の蘭さんは、おなかに大きなリボンをあしらった、ゆったりと裾が広がったワンピース姿で登場し、
    「もともと食事には気をつけているんですが、今は赤ちゃんもいるので、
    おなかの子の分もきちんと食べようという意識が強くなりました」と笑顔で語った。

    宇佐美さん夫妻は、2011年に結婚。蘭さんが、先月24日に自身のブログで第1子を妊娠中であることを発表した。

    この日は、朝食文化を世の中に浸透させた人や作品を表彰する「グッドモーニングAWARD 2015」の授賞式。
    蘭さんは、野菜ソムリエの資格を取得するなど、プロサッカー選手である夫を朝食など食事面でサポートしているとして、
    「アスリート部門」で受賞した。

    ステージに立った蘭さんは「朝食作りは主人のためと思って日々頑張っていたのですが、
    こうして賞をいただけてうれしいです」と喜びのコメント。
    朝食について「1日の始まりのすごく大事なこと。
    主人にとってトレーニング前の大切なエネルギー源になるのできちんと食べてほしいと思っています」といい、
    「主人は朝に弱いので、食欲がわかない朝でも効率よく栄養がとれるようなメニューを考えています」と明かした。

     ほかに「タレント部門」でモデルのラブリさん、「文化部門」で北駒生さんのマンガ「あさめしまえ」が選ばれた。

    http://news.mynavi.jp/news/2015/09/08/387/
    no title

    【【画像あり】サッカー選手の可愛すぎる嫁の1人の宇佐美の嫁が妊娠6か月!!】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 23:23:34.44 ID:???*.net
    9月8日、日本対アフガニスタンの一戦が行われ6-0で快勝。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    アフガニスタン戦、“Wシンジ”の活躍などアウェイで6得点大勝【どこよりも早い採点】

    【日本 6-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

    西川周作 6 難しいボールも攻撃的なポジショニングでミスなく処理。正守護神定着へ大きく前進。
    酒井宏樹 5.5 高い位置を取り続け、本田が中へ絞ったスペースを上手く活用したが精度を欠き途中交代。
    森重真人 7 守備では競り負けず、ロングフィードでのチャンスメイクも正確。積極的な攻撃参加はゴールで報われた。
    吉田麻也 5.5 本田を押しのけFKを蹴るも何も起こらず。守備は大きなミスなく及第点。
    長友佑都 6 2年ぶり先発の原口の仕掛けを精力的にサポート。後半は控えめになり黒子役に徹する。
    山口蛍 6 バランスを取りながら攻撃陣をサポート。いつも通りのハードな守備とカバーリングも秀逸。
    長谷部誠 6 中盤から前線に絡み攻撃のアクセントになったが、後半途中交代。リーダーとして緩みがちな流れを引き締めた。
    香川真司 7 技ありミドルで先制弾。狭いスペースでも技術を見せ、後半開始早々にも素晴らしいゴールで2得点。
    本田圭佑 6.5 前半は目立たなかったが執念の1得点1アシスト。攻守の切り替えが早くゴール前に必ず顔を出す。
    原口元気 6 積極的に前方のスペースを突く。持ち味の鋭いドリブルで効果的な働きも後半に失速。慣れない右SBにも挑戦した。
    岡崎慎司 6.5 ボールキープなど要所で存在感を発揮し、後半に2得点。どんな時でもゴール前に詰める貪欲さが結果につながった。

    宇佐美貴史 5.5 投入直後に本田の得点をアシスト。それ以外で存在感は希薄でアピールならず。
    武藤嘉紀 5.5 途中出場では持ち味を発揮できず。緩んだ流れにのまれ違いを見せられなかった。
    遠藤航 6 ピッチに立つと激しい寄せでチームを引き締める。監督の評価は高い。

    ハリルホジッチ監督 6 コンディション調整やメンタルコントロールは完璧で、就任後初の中東アウェイで結果こそ残したが、選手起用の固定化は懸念材料。
    並びを変えるだけでは違いを作れない。試合前にポイントとして挙げていたサイドからのクロスは機能せず、ゴールはこれまでに築いた選手間の信頼から生まれた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150908-00010024-footballc-socc
    フットボールチャンネル 9月8日(火)23時19分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150908-00010024-footballc-socc.view-000
    no title

    【【速報】日本VSアフガニスタン戦のどこよりも早い採点!】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 12:53:06.83 ID:???*.net
    イランに入って2日目、日本代表はテヘラン市内で現地入り後初となる実戦的なトレーニングを行った。
    DF長友佑都(インテル)は「今日動いてみて、気候の面で湿気がまったくない。
    日本と環境が全然違うし、そこに慣れないといけない」と語った。

    非公開で行われた練習では主に攻撃面を確認。3日のW杯アジア2次予選・カンボジア戦(3-0)の反省点を踏まえ、
    「クロスの精度、パスの精度、シュートの精度。こないだの試合(カンボジア戦)の修正点をミーティングでやったし、
    修正するトレーニングもできた。良くなると思うし、良くならないとダメ」と力を込める。

    カンボジア戦の前半は右サイドバックのDF酒井宏樹が積極的に高い位置を取ったこともあり、
    オーバーラップも自重気味だった長友だが、後半に入ると、徐々に攻撃参加の回数が増えた。
    「前半は右サイドが多かったけど、後半は相手も修正してきて、(日本の)左が空いてきた」と、
    右に重心がかかる日本の攻撃に対応してきた相手の出方を逆手に取った。

    「状況に応じて、相手のフォーメーションも見ながら、しっかり考えてやっていきたい」。
    試合の流れを読む目と状況判断。左サイドバックの位置から全体を俯瞰する
    長友は縦関係のコンビネーションについても言及した。

    「僕は前の選手が気持ちよくプレーできるようにサポートしたい。
    (カンボジア戦で先発した)武藤にも『自分をおとりにしていいし、どんどん(中に)入ってシュートを打て』と言っていた」。
    FW武藤嘉紀、あるいはFW宇佐美貴史とコンビを組むことが多い左サイド。
    その連係をより深め、バリエーションも増やしていくつもりだ。

    (取材・文 西山紘平)

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?171339-171339-fl
    no title

    【長友「自分をおとりにしてもいいおwwwwwww」】の続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 17:56:44.06 ID:???*.net
    元サッカー日本代表の中田英寿さんがカラフルな秋冬シーズンのゴルフウエアを着用しているビジュアルが、
    1日からスポーツメーカー「デサント」のゴルフブランド「デサントゴルフ」のサイトで公開されている。

     公開されたビジュアルでは、中田さんが同ブランドのオレンジのベストや白のジャケット、
    グレーのダウン風ジャケットなどを着用した姿を披露。中田さんは2015年春夏シーズンから同ブランドのアンバサダーに就任しており、
    今後は同ビジュアルを起用したプロモーションを店頭や雑誌、ウェブサイトなどで実施していく予定。
    ブランドサイトでは中田さんがゴルフに本気で取り組むプロジェクト「HIDETOSHI NAKATA SWING TIMELINE」なども展開しており、
    中田さんが沖縄・宮古島でゴルフ合宿を行っている様子などを収めた84本の動画も公開されている。

     また、同ブランドサイトでは、同日から女子プロゴルファーの渡邉彩香選手を起用したプロモーション動画
    「DESCENTE GOLF meets AYAKA WATANABE」も公開。動画は映像と音楽で構成した
    「SWING編」とゴルフとの出合いや情熱などを語る「INTERVIEW編」の2本で構成されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000013-mantan-ent

    no title

    no title

    【【画像あり】中田英寿さんの現在wwwwwwwww】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/03(木) 21:56:28.36 ID:???*.net
    「W杯アジア2次予選、日本3-0カンボジア」(3日、埼玉)

    カンボジア代表のイ・テフン監督(韓国)は本田圭佑に対して「いつも通り世界レベルのプレーをたくさん見せた」と驚嘆した。

    試合後の会見で先制点を許した本田について尋ねられると「もちろん本田選手はワールドクラスの選手ですし、
    今までも彼の試合をたくさん見たことがあります。いつも通りり世界レベルのプレーをたくさん見せました」
    とため息まじりに振り返った。

    前半28分にミドルシュートを決められた場面について、
    「あの場面で最初の得点を決めなければ、我々はもう少し辛抱できたのではないかと思います」
    と敗因の一つに挙げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00000107-dal-socc
    no title

    【カンボジア監督「本田は世界レベル」】の続きを読む

    このページのトップヘ