塗装

2024年04月01日

木製白フェンス改修工事5

今年は桜遅かったですね


寒いもんなぁ

キャベツもレタスも高いし

雨のせいもあるかな


さて


今回はフェンスのお話ですよ

DDC7A262-47AD-4C84-B4A1-B751DD711C4B


木製の白いフェンスですね

最初は茶色かったみたいですね。

このフェンスを作り替えますよ

この白ってとこが僕はグッとくる

大好きな色なんで

しかも木たまりませんね


既存のフェンスは

普通のペンキなので

木目が生きないので

僕は違う塗料でやりますよ



では、お楽しみください

まずは製材します。

既存の柱は2X4でした。

これを75ミリの角材を

L型にカットします。


90ED93E2-4CF8-4EB0-8510-51BA2F713701_1_201_a


これを丸のこで

カットするのってけっこう大変

それに穴を開けます。

なるべく長い穴をと

思ってましたけど。

せいぜい20センチぐらいでしたね

真っ直ぐ穴を開けるってのも

難しいですよ

笠木は2X4で。

柱の分だけ

ミリぐらい入る穴を穿ちます。

これをやるかやらないかで

仕上がりが全然違ってきますよ

強度的にもね


B26C0252-DF3C-4B60-B888-3E510D9C08A1_1_201_a



目隠しの板です

まあ。

結構な量ですね

切って面取ってヤスリかけて

地道な作業です

塗装ですよ


ECC402D8-D99C-479E-B4E3-1499C9A1F6FE_1_201_a


強風でどうなることかと

思ってましたけど

意外と埃がくっついたりとかもなく

返って乾きが速くてよかったかも


DAC8F4EF-15D3-4A53-9DB3-9D5EDE612857




さて


お楽しみの現場ですよ


解体


いやー。


ビスなんか腐っちゃって


外れねーし


切るしかないでしたね


PXL_20240303_235440929.MP



こんなことになるなら

チェーンソー持ってくればよかったな


重いし


木ってけっこう重いですよね。



なので

固定するのが考えちゃうわけですよ

L型ではやっぱり自立は無理ですね


下は差し筋アンカーモルタル

高さ調整します



PXL_20240304_005942682



PXL_20240304_013107738


笠木を乗せてL型に組みます。


筋交を入れたらだいぶ

しっかりしましたけど

まだ不安ですね


なので

ブロックとフェンスから

ステイ留めしましたよ


PXL_20240304_054541177


後は目隠し板を貼るだけです。

言うのは簡単ですけど

数がけっこう多いからね。

既存のより増やしたし



ジャーン


53B1FBBB-CD5C-40E0-8135-758AA279A0FE


サイズダウンして

リニューアルです

こうして見比べると

けっこう小さくなりましたね。

ゴルフバッグが引っかかるそうで



もうちょっと木目が出ると

僕的にはよかったんですけど

上品で良いでしょう




フェンス繋がりでもう一つ


和風ですよ


3E9B2AA9-B7D8-4B78-A06C-CBA59D1995F5


1F37A23A-4179-4DE2-ACAC-B516007DD451


まず門がすごい

今どき珍しい

補強補強の

繰り返しだったんでしょうね。



柱と胴縁の塗り替えですよ


門の柱はやっぱり

下の方が傷んできちゃいますね

ニスっぽいの塗ってるんで


9823b5e0



白木色の防腐剤を塗りましたが

なんか青っぽくなっちゃうんで

後からニスを塗りました


8E16E99E-38D4-4B4A-AC6E-30CF70FBF001


フェンスの方は

防腐塗料で塗ります


F5CA72A5-F5ED-4E09-9FF2-19581EBE217F



4F6C4B58-C47C-49E3-AA2E-BFBE9685DF0B



柱の傷んでるところは

単管パイプで補強しました

0E375F26-7983-4F35-9C83-9A8EE3C8464F




完成


DFB881C3-9EC5-443A-BCAC-4FCFDD85E677_1_201_a


これでまた寿命が伸びることでしょう


さあ、本格的春が来ますねー



  世田谷区便利屋・何でも屋
 トモスサービスのお問い合わせはこちら 

   http://tomosu-service.jp/





nandemotomosu at 08:00|PermalinkComments(0)mixiチェック

2024年03月01日

天井裏断熱材3

いやー


またここ最近寒いですねー

強風とか勘弁ですよね

高いとこの仕事とかなかったから

いいようなものの

軽トラなんか軽いから

飛ばされるんじゃ無いかと

冷や冷やしましたよ




そんな中


急に氷点下になった時の

仕事ですよ

去年の秋ぐらいから

言われてたんですけどね



『夏暑くてたまらないんだよ。


断熱材入ってないんじゃ無いかな。


暇な時でいいからちょっと見てくれよ。』



と言うことで

ど暇な今見させていただきました


DC7BFDFB-2E96-4DBD-AF5C-0597C97E51ED


入ってますね

梁の下天井部分には。

換気扇もつけてもらったそうで

それでもあんまり効果ないと

言う事だそうです


22090B9F-575A-430B-B3B3-91353F0F16E3



それなら屋根の裏に

貼ってみるしかないですね

多分その方が効果的だろうし



よーし


作業開始です


今日はめっちゃ寒いし良いな


そう思ってました


天井裏はあったかいぞ


暖房の熱も来るんでしょうね


2×4材を2本で梁に橋渡しして

這って進んでいきます


051A1EC5-61EC-4414-AC0D-8D11E45BD79E


断熱材を奥の方まで

順繰りに送っていきます。




いやーもう一人欲しいなー


と思いつつこの狭さで


動ける人ってそんなにいないもんなー


頑張るしかないかー




一番端までくるだけで

もう疲れてきました



結構広いんだなああ。



梁に寝そべって

断熱材を貼っていきます

軒の部分はとても行けないので

棒で突っ込みます。

あとはタッカーで打ちます。

ホチキスのでかいようなやつです

練習ではうまく留まったんですけど

天井に寝そべって打つってのが

非常に難しい


何度も指にヒットしました

ほんと俺の左手は可哀想だ

気がつくともう汗だくです


これはキツいぞ


5枚くらい貼ったら

また断熱材を取りに

行かなけりゃなりません

結構な量だし、点検口も小さいから

ロールのまま入れられないんですよね



入ったとしても、狭い天井裏で

バラせなかったろうけど

何度も往復するうちに

ルートが掴めてきました


写真では真っ直ぐ進めそうに

見えますけど、換気扇をつけるのに

補強したんでしょうね

いろんな垂木が壁を作ってるんですよ


3B49F413-0354-492A-B791-A80BDED61EA0



もう途中から唸り声を

上げるようになりました

体制が辛くて辛くて

声出して自分を鼓舞するしかありません



お客様はどう思ったでしょうね。

聞かれてなきゃいいけど



なんとか休みながら1日で

貼り終えました

極寒の中汗だくですよ


夏だったらどうなっていたんだろ。

考えたくもないですね


E723B328-8779-448A-9870-C71CBEEECD1A



苦労の甲斐あって


『暖房の効きが良くなったよ。


ネズミも最近来てないんだ。』


とおっしゃっていただきました


ネズミはにわかに信じ難いですけど

うまい具合に断熱材で

塞がったのかもしれませんね




さあ次は


C5C895D4-FB4A-46C4-BC6B-763F754AC0E0




芝のエアレーションです


これやったほうが良いんですけど

あまりやりませんね。

そこまで望まれるお客様がいませんし

肥料と目土を入れました



鉄フェンスにペンキを塗りました

150EEBB1-7FC3-4BC5-B0D7-7521568B8876


サビサビです


【 作 業 前 】


CFF078B8-C410-46BA-88D5-9111D3A58014


トン子さんにも

塗ってもらいましたよ

結構好きらしいです



【 作 業 中 】

PXL_20240220_010402402.MP



PXL_20240220_034843325



PXL_20240220_074710203.MP



CDBDA33F-8083-4C16-B08C-C7185EC9E3A5




どうです


5C786A05-5DBE-43EF-97DB-8877AF76D8D2


白は薄いから2回以上塗らない

色が出ないから大変です



あーまた天気が崩れるって


まいっちゃいますね



では。ごきげんよう




  世田谷区便利屋・何でも屋
 トモスサービスのお問い合わせはこちら 

   http://tomosu-service.jp/












nandemotomosu at 08:00|PermalinkComments(0)mixiチェック