地域を守る人たち(旧:なんで屋)

人々の意識の中に、「どうしたら社会・地域を守れるの?」という意識が芽生えてきています。そのヒントとなる情報を紹介していきます。

結果検証のない規制緩和は不可逆な暴挙

神州の泉リンクより

根本的なことで不可思議、そして、はなはだしく異常なことが1990年代初頭から続いている。それは規制緩和によって、国民生活や社会の状態がどう変わったのかという、肝心な検証と報告が行われていないのではないのかという疑問である。

 規制緩和の象徴的な人物・竹中平蔵の研究で有名なジャーナリストの佐々木実氏は、規制緩和の歴史を調べていて、ある重大な特徴に気付いたという。(月刊日本6月号より)

それは規制緩和の事後検証が行われていないという事実であるという。

佐々木氏によれば、規制緩和が実行されたかどうかの検証は行われていても、肝心の規制緩和が実行された結果生じた様々な事象(良いもの、悪いもの)についてはきちっとした調査が為されていないという。
続きを読む

広がる人民元、ルーブル決済

311に警告を発していたリンゼイ・ウィリアム氏が今年1月に、7月1日にドルが30%切り下げられ、ドルは崩壊すると述べていたようで、一部ネット上で注目されています。
『7月1日にドル崩壊?』リンク

日付がその通りになるかどうかはともかく、今年に入ってから目立つ人民元やルーブル決済の広がりからは、ドル崩壊は現実味を持って感じられます。


『アメリカのインチキ上げに騙されるな その2』リンクより
─────────────────────────────────
・クロスボーダー電子商取引の人民元決済始まる−上海自由貿易試験区の金融規制緩和第1弾− (中国)
リンク
続きを読む

◆先日衆議院を1日で可決した偽装「移民法」が「6月10日の参議院法案委員会の審議入り

…ブログ貴方の知らない日本…

「6月10日の参議院法案委員会にて、偽装「移民法」が審議入り 絶体絶命のピンチ」
 
リンク

参議院本会議で6月10日、偽装「移民法」(出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案)が審議入りする予定!予定が繰り上げられる可能性もあり。

6月6日に審議入りとのことでしたが、再度参議院に確認した方の情報によると、参議院法務委員会での「出入国管理及び難民認定の一部を改正する法律案」の質疑は6月10日に行うとの事です 。

衆議院本会議では、たった一日の審議で、全会一致で可決。
続きを読む

事業を通じて社会を変えるソーシャル・ベンチャーは日本の伝統

事業を通じて社会を変える
 国際派日本人養成講座リンクより
_________________________________________
 事業を通じて社会を変えるソーシャル・ベンチャーは日本の伝統
(前略)
■3、「事業によって社会問題を解決する」
 しかし、社会の役に立つには、どうしたら良いのか。高級官僚や、政治家を思い浮かべても、新聞を騒がせていた汚職事件がすぐ浮かんできて「違うな」と思った。それなら社会事業のボランティアか。ボランティアでは、どうやって食べていくのか。
(中略)
 アメリカのNPOも昔はボランティア団体が大部分だったが、政府の補助金が絞られるようになると、「事業によって社会問題を解決する」方向へとシフトしていった。こういう形をソーシャルベンチャー(社会問題解決型ベンチャー企業)と呼ぶようになった。 駒崎青年は、このソーシャル・ベンチャーこそ、2年間、学生ITベンチャーをやってきた自分にできる「日本社会に役立つ」方法ではないか、と思った。
続きを読む

【農業解体】JA廃止を自民党が決定!5年程度の猶予を宣告!TPPを見据えて日本の農業団体を解体か?

政府は全国農業協同組合中央会(JA全中)を解体する具体的な動きに入ったようです。

真実を探すブログリンクより、以下転載。
------------------------------------------------------------------
【農業解体】JA廃止を自民党が決定!5年程度の猶予を宣告!TPPを見据えて日本の農業団体を解体か?

自民党が5年後を目処にJA全中の廃止を検討していることが明らかになりました。今週中にも具体的な改革案をまとめる予定で、日本の農業を根本から揺るがす大問題に発展する可能性が高いです。

JA全中はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に強く反対しており、昨年の総選挙の時もそれで揉めたことがありました。自民党のその頃から「JAは要らない」というような事を言っていましたが、具体的に解体する方針を打ち出したのは今回が初めてとなります。
続きを読む

日本の目に見えない「ストック」

最近、先の見えない不安が増しているということを良く耳にしますが、それは社会的に豊かになった日本の「今」を基準として見ているからだけなのかも知れません。

日本には他国には無い、豊かな自然や多様で豊かな文化という「ストック」があり、自然災害や経済的ショックに耐えられる強い基盤があります。

政府やマスコミ・学者らが、盛んに不安を煽っているようですが、世界を眺めた上で日本の現状を見てみれば、「国が破れても山河が残っている限りは大丈夫です。なんとかなります。」という内田さんの言葉にも頷けるものがあります。

続きを読む

反グローバリズムの潮流にビルダーバーグのメンバーがパニック状態に!

世界中の人々が、「世界の政治がどのように機能し、誰が決定し支配しているか」に気付き始めたことを受けて、ビルダーバーグのメンバーが焦っているようです。

リンクより転載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5月29日〜6月1日にかけて、今年のビルダーバーグ会議が開催されるそうです。

ただ、今年の会議はいつもの会議とは打って変わり、出席者の多くがパニック状態だというのです。なぜなら、世界の人々の意識が、グローバリズムからナショナリズムに移行しているからです。グローバリズムを推進しているグローバリストらは、彼らのアジェンダである、欧米大企業が世界を支配するNWO世界統一政府が実現できなくなると恐れているのです。
最近行われた欧州選挙でも、保守派或いは右派が勝利しています。左翼のグローバリスト議員が敗北しています。
続きを読む

反EU派が躍進した欧州議会選挙結果で世界はどう変わるのか?

欧州議会選挙の結果が出て、反EU勢力が大きく躍進したことが騒がれて言います。

彼らの共通点は「国民主権を取り戻す」という点にあり、現在のEUが問題なのは、「自国の行く末を、自国民では決められない」ことが問題だとされているようです。

大いなる実験と表現されたEU統合に陰りが出てきたのかもしれません。この流れは明らかにTPP等のグローバリズムの動きに逆行するものです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
新世紀のビッグブラザーへ
続 欧州議会選挙2014 リンク

さて、欧州議会選挙の結果が出始めました。
続きを読む

マスコミから自由に −右脳の可能性を探る時代

過去には、言語機能を司る左脳こそが、人間の知性や進化の象徴であり、右脳はそれより劣るものとされてきた。しかし、現在も続く戦争、貧困、格差、人口問題、環境問題など、世界の諸問題は、左脳により言語化された概念とそこから生まれる対立構造(右派と左派など)や排他性、差別、思いやりのなさに起因するところが多い。そして、最悪の場合、それが他者への攻撃性として表現されると、様々な小さな争いから、時として戦争のような大きな争いが生まれる。またこれらの問題の解決策も極めて左脳的な手段(言語や過去のデータに基づいた論理、議論、戦争、条約、法律など)で模索される。これでは、ますます問題をこじらせるだけで、真に平和で調和的な解決からは程遠いように見える。
左脳が駆使する思考力と言語は、人間と動物を区別し、万物の霊長たらしめるものに違いないが、「平和のための戦争」などのように、使い方を間違うと人類全体を滅ぼしかねない。

続きを読む

行政に頼らない「むら」おこし 鹿児島県鹿屋市串良町の事例

地域の活性化・町おこしというと、単発イベントを繰り返す、都心に売れる商品を作ることが目先的な目的となってしまい、その後継続していかないような事例を多く見かける。

以下に紹介する事例は、同様にイベントや商品開発を行っているが、その背後には、住民全員が一念発起し行政に頼ることなく自分事として生産活動を担っている姿がある。

その生産によって得られた利益を高齢者や中高生の新たな役割創出、に充て、全世代が関わる仕組みを形成しえたことが重要なポイントひとつにあるように思う。

また、地域の仕組みとして「安心・安全」、主要産業のひとつである畜産業を「循環」の輪に組み込むことで環境と共生していく姿勢などは、現代の社会問題を解決につながる有効なモデルだろう。
続きを読む

ランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ

人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋
コメント
トラックバック
人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術 (人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術)
日刊NewStream(2011年9月21日付)〜iPhone5の全世界発売停止訴訟!〜
記事検索
月別
人気ページ
アクセス解析
  • ライブドアブログ