エタノールグラフないとう@なんで屋です。

イロイロ情報は見聞きして入ってくるんだけど、統合されずにもやもやしたままなんだけど、ある一つの情報(や切り口)で、クリアに「繋がった!」って思うことありますよね。

今回は、環境問題(の中の二酸化炭素濃度上昇による地球温暖化)のこと。

.▲襦Ε乾△痢嵒堙垤腓平深臓
▲屮奪轡綢臈領、一般教書演説でエネルギー政策を強調
キッシンジャー「アメリカは石油だけに依存する経済から脱却」
ぅ┘織痢璽襯瓮献磧爾梁翔

全てがクリアに繋がった。
エタノール図解

 

 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ ←ランキングぽちっとよろしく
↓↓↓  続きを読む へ

,泙此アル・ゴア元副大統領の「不都合な真実」。まだ、話題になってんのかな?二酸化炭素濃度上昇による地球温暖化を止めないと、ヤバイ!という内容ですね。

ここで疑問だったのが、こんだけ大々的に報道できるような内容なのに、どこが「不都合」なのか、と。本当に「不都合」だったら、(最近のマスコミの状態見ていると)報道できるわけないだろう、と。


⊆ ▲屮奪轡綢臈領の一般教書演説。 イラクのこととか、北朝鮮のこことかも触れているんですが、エネルギー政策について強調してる。

ブッシュ大統領、一般教書演説でエネルギー政策を強調

大統領は、乗用車の燃料基準に関連した規制を強化することによって、2017年までに全国で最大85億ガロンのガソリンを節約できるだろうとした。また、ガソリンに代わる再生燃料と代替燃料の供給を350億ガロンにすることを支援する新しい規制に言及した。

 同大統領によると、これらの政策は「向こう10年間でアメリカ合衆国内のガソリン消費量を20%削減」し、中東から輸入される石油への依存を劇的に改善するものだという。


去年から触れていたとは言え、なんでこの時期に急に踏み込むのか、と。


次、時間は少し戻って2006年の年末。

日本にも多大な影響力のあるキッシンジャーが「アメリカは石油だけに依存する経済から脱却しようとしている」と発言。( ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報::キッシンジャー博士2007年予測・裏読み 

ず埜紂∈週あたまに発売された、日経ビジネス「穀物争奪の隠れた主役 エタノールメジャー ADMが食料も燃料も支配する」

日経ビジネス

 

 

 

 

 


 

アメリカ政府がガソリンの大体としてエタノールの振興を推進しているため、エタノールの原料となるトウモロコシの値段が急騰しているという話。ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)は、穀物メジャー最大手カーギルにつぐ二番手。

今後は、エタノールメジャーを目指すと言う。(ADMのCEOは、シェブロン元副社長のパトリシア・ウォルツ。)

エタノール図解

 


なんや、
石油やめてエタノール使うぞ! ⇒ 石油価格上がる ⇒エタノール価格も上がる

単に、もうかる準備が出来たってことじゃないか・・・。
だから、アル・ゴア元副大統領の「不都合な真実」も大々的に報道されるし、ブッシュも公言できたのか・・・。キッシンジャーはこの流れを予測していたのね。

どこが「不都合な真実」なのか。むっちゃ「都合いい」んじゃないの?

今日も読んで頂いてありがとうございますm(__)m
↓↓ポチっとお願いします↓↓

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ