雅無乱です。

シリーズでお送りしてきた、本日7月4日(日) 全国のなんで屋露店で発売される新グランドセオリーの紹介

第1回〜世界を飢餓に陥れた「緑の革命」〜

第2回〜日本の農の現状「農政トライアングル」の弊害〜

と続いてきましたが、第3回の今回は、日本の農業がここまでの危機に陥ってしまった原因を探るため、その歴史に迫ってみます。

にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋 

グランドセオリーVol.9『農から始まる日本の再生』

購入はこちらから

新しい事実の体系
GRAND THEORY
Vol.9のネット販売開始は2010年7月上旬!

るいネットより

 

124643

日本の「食」もアメリカに支配されている

 

向芳孝 ( 50代 現場監理 ) 06/07/02 PM09 【印刷用へ

『アメリカ小麦戦略』(食生活史研究家の鈴木猛夫著)より抜粋し作成しました。


■昭和20年代(1945年〜)---アメリカで農産物の過剰生産、過剰在庫
 戦後日本人の食生活が急速に欧米化した裏にはアメリカの存在があった。アメリカは昭和20年代、小麦、大豆等の過剰生産、過剰在庫が深刻化し、その余剰農産物のはけ口として標的にされたのが日本である。

■昭和29年(1954年)---余剰農産物処理法(PL480)成立。
 昭和29年、アメリカは余剰農産物処理法 (PL480)を成立させ、日本に対する農産物輸出作戦に官民挙げて本格的に乗り出した。当時の日本側栄養関係者も欧米流の栄養学、食生活の普及、定着が必要だとしてパン、畜産物、油脂類などの普及を意図した「栄養改善運動」に取り組み、日米共同の食生活改善運動が推進された。

■アメリカ小麦戦略
 活動資金の多くがアメリカ側から提供されたが、そのことは当時も今もタブーとして長く伏されてきた。 これを一般に「アメリカ小麦戦略」という。

■昭和30〜40年代(1955〜1975年)---フライパン運動、学校給食など
 パンの原料である強力小麦は日本では産出できず、日本人がパン食を始めれば永久的に日本はアメリカのお得意になる。戦前まで少なかった油料理を普及させるためにフライパン運動を展開し、油の必要性を強調する栄養指導が熱心に行なわれた。トウモロコシ、大豆は家畜のエサであると同時に油の原料でもある。余剰農産物処理の観点から欠かせない重要な戦略であった。学校給食ではパンとミルクが無償援助され、子供のうちから洋食嗜好の下地を作ることにも成功した。

■昭和52年(1977年)マクガバンレポート(アメリカは気が付いた)
 アメリカ合衆国政府は1977年に 『 ガン、心臓病、脳卒中などの現代病は食生活の間違いで起こる"食源病"である』(マクガバンレポート)と解明して、欧米型の食生活の改善を促した。欧米型とは、脂肪と動物性たん白質、砂糖の過剰摂取。ビタミン・ミネラルや食物繊維の減少のこと。

■食料自給率たった四割
 「アメリカ小麦戦略」の成功で、小麦、大豆、トウモロコシの九割以上がアメリカをはじめとする輸入品。食糧自給率は四割以下で先進国中最低。

■問題は命にかかわる
 ここまでは、食生活が変わった〜。美味しい食べ物のバリエーションが拡がった〜。程度の認識でいいかもしれない。
しかし、問題は・・・別にある。

■子供が糖尿病にかかり、アレルギー疾患が蔓延している
 問題は、欧米型食生活にともなって病気もまた欧米型となり、日本人の健康状態が非常に懸念される状況になってきたことである。戦前まで少なかったガン、糖尿病、動脈硬化、心臓病、痛風などのいわゆる欧米型疾患は子供にまで広がり、アトピー、花粉症、喘息などのアレルギー疾患も増加の一途である。糖尿病は予備軍を含めて1620万人にのぼり糖尿病に子供が苦しむという前代未聞の事態になってしまった。痛風患者も予備軍を含めて560万人とも言われる。
-------------------------(以上)-----------------------------

□早く、軌道修正すべき!
 今こそ伝統的な日本の良さを再認識すべき時ではないだろうか。食物が急激に変わっても日本人の体が簡単に変わるわけではなく、欧米型の病気やアレルギー疾患が増加するのは当然である。「アメリカ小麦戦略」によって日本の「食」が植民地化され、日本人の健康が奪われているのだ。

この事は「食」に限らず日本人の「意識=社会」もそうである。

心と意識の不整合によって起こる「心の病」も欧米によって植え付けられた「個人主義」の蔓延によって起こっている。

現在の日本人でも縄文体質(共同体)を受け継いでいます、潜在思念に則った行動をすればいいのです。このような事実を知らない人が多いが、気づいた人から警鐘を鳴らし続けなければならない。

そうでないと日本は何時までもアメリカに支配されたままである。

こうして日本は、食糧の多くをアメリカに依存し、一日たりともアメリカからの輸入なしでは生きていけない状況に陥ったのである。

この日本での成功体験をもとに、アメリカはその後も、世銀やIMFを使って世界中に食糧市場をムリヤリ拡大していった

そして、世界中の食糧がアメリカにほぼ牛耳られる一極支配の状況が現出することになる。

 

…と3回にわたって、「緑の革命」によって破壊された途上国の食糧生産農協−族議員−農水省の癒着=「農政トライアングル」、そしてアメリカによる日本の食料支配の現状、を紹介してきましたが…

「じゃあ、そんなひどい現状を今後どないしたらエエんや!?」

という疑問が湧いてくるのは当然ですね。


もちろん、その「答え」は“なんで屋露店”で7月4日から発売される
新グランドセオリー『農から始まる日本の再生』
http://www.rui.jp/shop/shop.html?p2=0 ←購入ページ(7月上旬開始)

にしっかりと展開されているので、

全国の“なんで屋露店”もしくは“るいネット”から購入してぜひ読んでください!!

これまでどこにも書かれていなかった、世界の食糧問題の裏事情から新しい農業の可能性までが網羅されています。こんな本は他には無い!

この本の発刊をきっかけに、日本の農業政策について新たな議論が巻き起こるのでは、と期待が膨らみます。

気付きがいっぱいの本ですよ^^)w