地域を守る人たち(旧:なんで屋)

人々の意識の中に、「どうしたら社会・地域を守れるの?」という意識が芽生えてきています。そのヒントとなる情報を紹介していきます。

大阪方面

そんなにいいもんですか、民主主義?〜1.フランス革命のウソ〜

フランス革命民主主義の名の下に、フランス革命、ロシア革命、近代の数々の大衆による運動が行われてきた。しかし歴史を遡って考えてみると、それら大衆の願いは実現された例がなく、歴史的事実は美化され「実現した」と思わされているだけにすぎないことが分かる。


これら民主主義が幻想化され、正とされてきた歴史的事実の背景、真実はどのようなものであったのか?今回は、シリーズ投稿「そんなにいいもんですか?民主主義」と題して、以下の事象を元に考えていきたい。
シリーズは以下のような構成とする。
 1.フランス革命のウソ
   2.ロシア革命のウソ
   3.ウーマンリブ、男女平等のウソ
   4.まとめ


それでは、フランス革命についてご紹介していきます。
続きを読む前に、ぽちっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

【路上からの充足発信】 お題デモ「成果の出せる会議とは?」☆

みなさんこんにちは! 

夏真盛り、みなさんどうおすごしですか?

今回の路上からの充足発信は、難波露店よりお送りします

 

当日も暑い中たくさんのお客さんによって頂きましたが、その中でも新社会人から社会人10年生までのグループの注目を集めた、お題デモ「成果の出せる会議とは?」を紹介します

 

それでは続きの前にいつもの応援お願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ
続きを読む

【路上からの充足発信】 『路上でサロン』の成功例!

みなさん、こんにちは

もうすぐ7月。初夏ですね

暑い日が続いていますが、僕達『なんで屋』も頑張っています。

先日には、GT−11−1『原発問題から次代のエネルギーを考える』が発売され、非常に好評を得ており、ますますみんなの活力がUPしています


お題ボード

今日は、その中で今盛り上がっている『路上でサロン』の充足リポートを紹介します!

ではいつものクリック応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

【路上でのお題追求メモ】〜原発お題作成中!〜

もう5月も中盤、新緑のまぶしい季節となりました。

しかし、3月の大震災以降、以前「福島第一原発」の問題は収束せず、日に日にその被害の状況が明らかになって来ています。

 新緑

私たち関西のなんで屋でも、福島の原発から避難してきたという人たちとお話する機会があり、改めてその緊張した現場から目を離すことが出来ません。

よって関西露店チームでも、この間「原発お題」を打ち出すために様々な角度からアプローチを行い、ようやくこれはというお題の糸口が見えつつあります。

 

今回のブログ記事では、まだお題追及の過程の一部ですが発信させて頂きます。

 

↓↓↓

続きを読む前にクリックお願いします!

応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

福島第一原発事故 シリーズ第2回 〜放射能汚染の実態を知る

航空写真原発の是非を問うのは、今の状況がもう少し落ち着いてからでも出来るので、目先的な課題として我々に必要なのは、
まず放射能による危機にどう対処すべきか?を知ることだと思います。
そのために、放射能について理解を深める必要があります。
中部大学の教授、武田邦彦氏の「原発 緊急情報」 を中心に展開します。

まずは、るいネットの秀作投稿から。(必読☆)
『原発 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!』 (リンク)
>政府とマスコミがごまかしを始めた。
 これはどうしてもすぐ多くの人が気がついて理解しておかなければならない。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット

続きを読む

就活生に是非露店に立ち寄って欲しい

gaidai

本格的に寒くなってきましたね 

例年お題が出にくくなるこの時期ですが、今年の露店も12月まで。でも、春までの冬季のサロンに新たに多くの人に参加していって欲しいので、各露店でお題も聞いてもらいたい。寒い中、最近は就活が本格化し、3回生ならずとも探索意識を高めている大学生達がが露店でお題を聞いてくれています。

今回は、そんな大学生の事例を紹介しながら、最近路上で打出している「就活力」チェックリストを紹介します

続きの前に、応援宜しくお願いします

にほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋


 

続きを読む

北方領土問題って何?(3)〜北方領土問題は解決するのか?〜

北方領土問題って何?(2)では、北方領土(南千島四島)を巡る経緯を追い、どうやらアメリカの思惑が絡んでいると述べました。

さて、北方領土問題は解決させることができるのでしょうか?

11月3日MSN産経ニュースより

クローリー米国務次官補(広報担当)は2日の記者会見で、ロシアのメドベージェフ大統領が日本の北方領土を訪問したことに関連し、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条について、「(北方領土は)現在日本の施政下になく、条約は適用されない」と述べた。 同時に、「米政府は日本を支持し、北方領土に対する日本の主権を認めている」と重ねて強調した。

メドベ 国後1101クローリー 1102

 

 

 

 

 

 

クナシリを訪問したメドベージェフ大統領    コメントするクローリー米国務長官

「日本の主権は北方領土に及ぶ」と言ったクローリー国務次官補は「アメリカは日ロ双方が平和条約を締結するよう交渉を促している」とも言っていますが、「北方四島は日本固有の領土」と日本側が主張し、四島返還が大前提としているのは、冷戦時代のアメリカの軍事戦略によるものです。そして日ロが妥協できない事を知っているからアメリカは「交渉を促す」とシラーッと言うのです。

外務省やマスコミがこぞって喧伝する「四島は日本固有の領土」という主張ですが、その主張に正当性があるのか、という問いにはおそらく誰も答えを出せないでしょう。

そのような本来論からはかけ離れたところから北方領土問題は始まっており、第2次大戦後はアメリカの属国に甘んじて、いいように操られているのが今の日本の姿です。

 

 

続きはポチッのあとで↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋

続きを読む

民主党菅政権の日本:四面楚歌に陥った米国戦争屋(D系:デビッド・ロックフェラー)に抱きつかれ心中の運命か

イラン・ブシェール原発

【写真】8月21日、イラン・ブシェール原発で一部外国メディアに公開された原子炉建屋

『8/10なんでや劇場レポート「金貸しとその手先(特権階級)たちの思惑は?」(3) ドル・米国債暴落の引き金は引かれるのか?』

の記事に、「ロックフェラーの劣勢、欧州勢とロスチャイルド連合の優勢」という状況分析が書かれています。

上記を裏付けるとともに、日本の民主党政権がロックフェラー勢力に抱きつかれ心中の危機にある、という警笛を鳴らしている記事を紹介します。

↓↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋

 

続きを読む

「日韓併合100年」菅首相談話と統合階級のバラバラ感

8月15日は終戦記念日

平和公園の記念式典、戦没者追悼式は毎年テレビで目にしますが、戦争を知らない世代も、なんとなく襟を正す一日ですね。

与野党は15日の終戦記念日にあたり、声明や党幹部の談話を発表しています。今年は日韓併合から100年にあたることへの言及が目立っています。

管首相 日韓併合100年談話

 

 

 

 

 

 

菅首相も10日午後、官邸で記者会見し、談話を発表しましたが、これが永田町では結構な騒ぎになっています。

 

↓↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋

続きを読む

なんで屋〜路上の反応〜

こんにちわ。普段路上でなんで屋をやっていて、僕たちが作っているグランドセオリーという社会の事実構造を書いた本を手にとる人が増えてきました!その本の説明や、活動の内容を話した時の反応が少し前と変わってきました

roten

ちょっと露店が気になるけど、あんまり時間がない。でも何をやってるのか知りたいという人が増えて来ているのは確かです。今日は、僕が真似をしている先輩のトークの中身を紹介したいと思います。

続きを読む前に応援もよろしくお願いします

にほんブログ村 ニュースブログへBlogranKing.net人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋

 

トーク
店主:ここにある社会問題を始め、皆が「なんで?」と思う、色々な疑問に答えています。現在、いろんな社会問題が起こっていて、路上で沢山の人たちと話していても、皆どこかで「おかしい」、「何とかしたい」とは皆感じています。でも一方で、マスコミ報道は面白おかしく取り上げたり、偏った情報を報道したりで、正確な状況すらはっきり分かり難い。

お客さん:そうですね。確かにマスコミはあまり信用できないですよね。

店主:また、待っていても本来答えを出すべきプロである政治家や官僚、学者からは一向に答えは提示されないし、今後も提示される気がしない。

お客さん:確かにそうですね。

店主:そこで、最近では自分で本を読んだりネット探索をしたりし始めている人が多いんですが、社会問題の一部分が分かっても、対象が広すぎて全体像がなかなか把握できない。それぞれの問題は同じ社会で起こっている以上、その問題構造はかなり複雑に絡み合っているんですよね。

また、同じテーマで本を読んだり調べたりしても、言っている事がそれぞれちがっていたりして、何が事実なのかも分からない。時間的にも、個々人が問題を感じて一人で勉強しても限界があります。

僕達は、そういった複雑に絡み合った皆がモヤモヤしている社会問題について、学生から社会人までが協働で追求しているんです。みんなで一緒に追求すれば、分担して調べることもできるので、より深く、より広範に追求できます。

同じテーマで異なる事実が出てきても、更にそれぞれの背後の原因は?と深く追求すると、論理が整合する事実が解明され、みんなが納得できる事実が塗り重なっていきます。そして、その事実を元に、問題構造を鮮明にし、その中から可能性を発掘して発信しているんです。

お客さん:なるほど。でも、それを路上だけでやっているんですか?

店主:路上だけでは話をする時間なども限られるので、(グランドセオリーのなんでや紹介ページを開きながら)誰もが参加できる場として「るいネット」というインターネット上の掲示板を運営しながら、インターネットの場で日々沢山の人達と追求しているんです。そこでは皆があらゆる問題について追求して、調べて分かった事実やそれに基づく仮説を投稿しているんです。その中で、みんなの役に立つ投稿に対しては、仕事や勉強の合間を縫って皆の役に立つ発信をしてくれた事を評価する為に、5000円の懸賞金を支払っているんです。この露店でお題を聞いてもらって満足料を貰ったり、皆で追求した内容を体系的にまとめたこのグランドセオリーやカードを買って貰った売上は、新たな答え作りと場を広げる為に使わせてもらっています。

お客さん:そういうかたちで追求されているんですね。では、インターネット上での追求がメインなんですかね?

店主:そうですね。ただ、それ以外にも、隣のページにあるように、ネットサロンという、対面で追求する場も運営しています。週三回火・木・土でテーマごとにテーブルに分かれて、路上で知り合った学生や社会人が皆で一つのテーマを追求する勉強会の場です。話をすると、「なるほど」と思った事や、新たな「なんで?」が生れますよね。ネットサロンでは最後にそれをそのままるいネットに発信して、追求と発信を繰り返しています。インターネットだけでも追求はできるんですが、問題意識が顕在化した人は検索などをして見てくれて週に100万アクセスを超えるくらいまで広がっているものの、もっと漠然と「なにかおかしい」と感じている人はたくさんいます。そうした人たちの問題意識を顕在化させて互いに共有していく上では対面の場が必要になるので、入口としての露店やサロンのような対面の場も設けているんです。

お客さん:確かにそうですね。みなさんはお仕事をしながらこういった活動をされているんですか?

店主:そうですね。ぼくも建築の設計の仕事をしながらやっています。普段の仕事をしながら、同時に社会問題を当事者として考えて社会作りの仕事も誰もが担っていく。そういうことをみんながやっていけば、皆の意識が変わって世論は変わる。そして、世論が変わって最後に制度を替えていけば、社会も変えていける。だからぼくらはこういう活動をしているんです。お客さんもサロンに参加しませんか?普段話をする機会の少ない様々な仕事や年齢層の人たちと追求していくのは勉強になるし、真剣にみんなと追求する楽しさを感じられますよ!

以上です

読んでくれてありがとうございました。

 


ランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ

人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋
コメント
トラックバック
人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術 (人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術)
日刊NewStream(2011年9月21日付)〜iPhone5の全世界発売停止訴訟!〜
記事検索
月別
人気ページ
アクセス解析
  • ライブドアブログ