地域を守る人たち(旧:なんで屋)

人々の意識の中に、「どうしたら社会・地域を守れるの?」という意識が芽生えてきています。そのヒントとなる情報を紹介していきます。

食品・農業

江戸時代の庶民の食事から、放射能対策ご飯をつくってみよう!

放射能から身を守る食事が最近、注目を集めていますが、調べれば調べるほど、和食への回帰が重要な視点であることが見えてきます。そこで、江戸の庶民の食事に注目して、今回はお手軽江戸レシピの紹介をしようと思います。

その前に、放射能から身を守る基本を再度整理しておきましょう♪
詳細はリンク先を確認してね(http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/archives/51270511.html
放射能から身を守る食品

では、本編に入る前に応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

この食べ物が放射性物質から身を守る4つの視点

こんにちわ。

先日、厚生労働省は、東京電力福島第1原発事故後に日本国民が摂取した食品から受ける放射線量の増加推計値を初めて公表しました。

3〜6月の4カ月間では全年齢平均で0.034ミリシーベルト、12年2月までの1年間では同0.106ミリシーベルト。
通常時に食品に含まれる放射性物質(放射性カリウムなど)の 摂取による年間被ばく線量(0.4ミリシーベルト)より25%増える計算に至ったようです。

なお、厚労省は「安全性の観点で相当程度小さい」と結論づけています。(`ε´)ぶーぶー

内部被爆の影響は累積して評価する必要があります。
食品だけでなく、水から、空気から、様々な経路があり、「厚労省の言う安全」は一つの側面からの評価に過ぎません。

放射線物質対策は必要です。
今日は『この食べ物が放射性物質から身を守る4つの視点』と題して発信していきます。
続きを読む

「この食べ物が放射能から身を守る」〜まとめ〜要点と留意点

放射能の危険性

放射能の危険性

第一回:
この食べ物が放射能から身を守る
第二回:日本の伝統食の力
第三回:有効に働く食品成分とは・・・海外の事例から

これまで、第三回に渡ってシリーズ投稿を取り上げてきました。


第一回では、
放射線被曝によって、大量の活性酸素が発生しすることによって、血液の流れが悪くなる。それに伴う免疫機能の低下によって、癌や白血病などの病気を発症しやすくなるということでした。

第二回では、日本の伝統食に着目し、広島の被爆体験時の先人の知恵からも、伝統的な和食や緑茶などが効果があることがあることが書かれていました。また、チェルノブイリで「微生物」が修復機能を活性化させた事例などもありましたが、どれも身近で、手に入るものばかりです。

第三回では、海外での実施事例を取り上げました。食文化が豊富な日本の伝統食と異なる海外では「ベラルーシの児童における環境不適応症候群とその改善法」と、核時代に生きる現代人の食事について、栄養士のSara Shannonが書いた本(絶版)から、科学的なデータを集めて分析し、放射能から身を守る日常生活の食事を紹介しました。

引き続き最終回では、放射能から身を守る為の具体的な予防策(調理方法)と、放射能が沢山含まれる危険な食材をご紹介します。

ポチッと応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ
続きを読む

「この食べ物が放射能から身を守る」〜有効に働く食品成分とは・・・海外の事例から〜


放射線被曝による身体に与える影響を最小限にする食べ物の紹介、第2弾(海外編)です。

 

前稿でベラルーシでの「微生物」が修復機能を活性化させた事例を紹介しましたが、チェルノブイリ事故を受けて、彼の国の人たちも黙って成り行きにまかせたわけではありません。
放射能捕縛による影響を少しでも軽減するために食事や日常生活を改善する試みが当然なされています。


 osenmap01
【ベラルーシ共和国放射能汚染図】
画像はチェルノブイリへのかけはし様から拝借しました。
 

 

また原発先進国であるフランスでも、放射能被曝がもたらす影響を回避する食品の研究をしています。

被曝先進国にもかかわらず「フクシマ危機」が起こるまで、原子力神話に洗脳されて安全性を疑わなかったのは、日本だけかもしれませんね。

 

 
ポチッと応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ


続きを読む

「この食べ物が放射能から身を守る」〜日本の伝統食の力〜

「この食べ物が放射線から身を守る」シリーズ第2回をお送りします。

味噌


 前回は、放射線被曝により身体にどのような影響を与えるのかお伝えしました。
まとめると、

◆放射線被曝→◆直接的に遺伝子の損傷
 ↓
◆大量の活性酸素が発生し、血液の流れが悪くなる
 ↓
◆免疫機能の低下
 ↓
◆発病しやすい

ということでした。今回は、それを防ぐ食べ物を具体的な事例からお伝えいたします。

その前に応援よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへ



続きを読む

サロンインタビュー【新しい“農”のかたち】

お久しぶりです。雅無乱 です。

今回は、ブログ【新しい“農”のかたち】で追求を続けているネットサロングループのちわわ氏に突撃インタビューを敢行しました。



このブログを、どんなスタンスでみんなで運営しているのか、今後どんなテーマを扱っていくのか…といったあたりを突っ込んで聞いてみたので、ぜひご覧ください。

続きへ行く前に応援よろしくデスm(_ _)m
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット

続きを読む

【世論観測】食糧高騰:市場最高値を記録→各地で物価上昇や暴動(チェニジア→エジプト)に!!


  こんにちは。

  この間、アラブ圏、北アフリカ、さらには全世界的に食糧高騰が続いています。そして、日本国内でも、じわじわと食料品価格が上がってきているように感じます。

 

 FAO食料価格指数では2011年1月時点で、7カ月連続で上昇となり、観測開始(1990年)から市場最高値を記録しています。その結果、各地で物価上昇や暴動(チェニジア→エジプト)が起こり、G20では、食糧増産や物資支援の方策が練られています。

 

FAO食料価格指数の推移(2011年1月時点):7カ月連続で上昇!』

FAO







COTレポートの読み方 様よりお借りしました

 

しかし、今回の食料高騰はそういった食糧増産や物資支援で解決できるものなのでしょうか?それを考えるためにも、「今回の食料高騰は何が原因なのか?」「これからどうなるのか?」について考えてみたいと思います。


  まずは、ネット上ではどのように分析されているのか見ていきましょう。

 

続きへ行く前に応援よろしく願います

人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング ドット ネット
続きを読む

【農業の新しい試み】農業の教育機能を生かす!!

【農業の新しい試み】シリーズ3回目です。

今日は「農業の持つ教育機能」を生かした新しい試みを紹介します。

体験教室集合写真類塾・類農園自然体験学習教室より

まず、新聞記事から

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小中で農業教育本格化 栽培指導、農地活用で連携推進(埼玉)

 小中学校に農場を整備する県の「みどりの学校ファーム」事業が、本格実施から2年目に入っている。9月にはJA県中央会の支援で、小学校149校に野菜の苗が贈られた。活動を充実させるには、学校と外部との連携が重要になっている。

~中略~

  みどりの学校ファームは、体験活動の場や農地の有効活用などを目的に、試行期間を経て、県が2009年度にスタートした。11年度までに1271校ある小中学校にすべて設けるのが目標だ。昨秋の時点で、農場保有は既に小学校96%、中学校59%と、特に小学校では高い割合に上る。

 ただ、活動を軌道に乗せるには、苗や肥料などの資材や農場管理の人手が必要になる。上平北小の活動も、学校応援団のボランティアの協力はもとより、地元住民が無償で約600平方メートルの土地を貸してくれているからこそ成り立っている。

 県は、農場や農業指導者の確保の相談窓口として、各市町村に教育委員会、農業委員会などが参加した推進協議会を設置するよう要請している。9月時点で64市町村のうち、43市町村に推進協が置かれ、態勢は次第に整いつつある。県農地活用推進課は「学校ファームを後押しできるよう、今後も支援をしていきたい」としている。(2010年10月4日  読売新聞)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自然体験子供写真2

以前、新しい「農」のかたちのブログ記事にも紹介されていました。

全小中学校に農園~埼玉県「1学校1農園」構想

この計画は県を上げての取り組みで本格的に稼動しており、以下のような目標も徐々に実現しつつあるようです。(上記ブログの記事より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全小中学校に農園 来年度から本格実施 食農教育を加速

埼玉県は食農教育を推進するため、県内の全小中学校に農園を設けることを決めた。県を挙げて学校農園の構想を打ち出すのは全国で初めて。通学路沿いに農地を確保し、種まきから収穫までを子どもに体験させる。2009年度から始める。今月中旬に発足する県のワーキングチームにはJA埼玉県中央会が参加する見込みで、JAの貢献も期待される。

「1学校1農園」構想は、食農教育を重視する上田清司県知事が発案した。
・子どもが食べ物の生産過程を体験し命の大切さを学ぶ教育効果、
・遊休農地の活用、
・ボランティアや地元農家と学校の交流による地域活性化
――の“一石三鳥”を狙う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考=埼玉県庁 みどりの学校ファーム

体験教室子供写真1類塾・類農園自然体験学習教室より

続きを読む前にポチッと応援ありがとうございます

にほんブログ村 ニュースブログへ 

続きを読む

【農業の新しい試み】新しい農業をデザインしたい~『ぼくらの農園』の取組み

埼玉県入間市内に、50歳代を中心にした一般市民が、若い農業後継者に農を学ぶ体験農園があります。岩田浩さん(30)が先生(園主)の「ぼくらの農園」です。

ぼくらの農園 看板

「今までの農業は消費者と距離があった。身近な農園であってほしい」との思いを込めて名付けたそうです。社会とつながる、新しい農業のスタイルを紹介します。

「ぼくらの農園」のHPには、園主の岩田さんがこの農園を始めた想いが綴られていました。


現在、農業をはじめて1年2ヶ月。まだまだ新米の百姓1年生です。

実家の農業を継ぐために、会社を辞めて横浜から戻ってきました。

昔は、なぜうちは農家なんだろう、儲かりそうもないし、大変そうだし、休みの日には手伝わされるし・・・。

ご飯のときは、その季節の旬の野菜がず~っとなんです。ナスの季節は、ず~っとナスがでつづけ。大根の季節が来れば、ず~っと大根。 正直うんざりでした。

そんなこんなで大学は、農学部へいきましたが、農家になる気はさらさらなく、会社員になりました。しかし、やはり農家のあととりというプレッシャーは少なからず感じていました。 また、会社勤めも、10年後、20年後、自分がどうなっていくのか不安を感じはじめていました。

そんな中、農業への世間の見方が変わりつつあるのではと、感じることが多くなりました。食育・地産地消・食の安全・自給率・・・。

時代が農業を求めているのでは、何か農業で新しいことができるのでは・・・。

自分の力で新しい農業をデザインしたい、そんな思いで百姓デビューしました。


続きを読む前にポチッと応援ありがとうございます

にほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

【農業の新しい試み】株式会社マイファームの貸し農園事業

マイファーム

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、sugi70@なんで屋です。

最近のTPP問題で、農業界では、反対活動や署名運動など、何かと動きが活発になっていますね。
既存の農業を守っていきたいというのも、確かに頷けますが、その一方で、新しい可能性を模索していくことも大切だと思います。

そんな今回は、「農業の新しい試み」と第して、先端的な活動を行っている企業や組織を紹介していきます。

さて、第1回は、休耕地を利用した貸し農園の運営を手がけ、農業の多面的な価値を創出している、株式会社「マイファーム」の活動を紹介します


 続きを 読むまえに
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ニュースブログへ

続きを読む

ランキング
にほんブログ村 ニュースブログへ

人気ブログランキング - 路上で世直し なんで屋
コメント
トラックバック
人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術 (人気ブログシステムトレーダー監修 30万円から始められる日経225先物システムトレード 1日5万円儲けるための投資術)
日刊NewStream(2011年9月21日付)〜iPhone5の全世界発売停止訴訟!〜
記事検索
月別
人気ページ
アクセス解析
  • ライブドアブログ