2011年03月20日

稲倉岳F−PARA滑降(2011年3月20日)



なんか凄いプレッシャーを感じたツアーだった

いつもより数倍の無事帰らねばの思い・・・
遅い出発

道々ガソリンスタンドの状況確認

昨日入れたGSに長い行列

あと数カ所のGSにも行列


林道終点まで数百メートル前からいやらしいズブ雪道

やっとの思いで到着

デリカだったら楽なんだが


先行車が2台

いないと思っていたが


1400mあたりから手強いツルツルガリバーンが

凹凸の激しいシュカブラゾーンでないと駄目

約2百メートル先の2番手はツボ足に変更して上って行く

一番手がシールつけて降りてきた 難儀している


なんと左足ふくらはぎが痙攣 次に太腿筋も

だましていると今度は右足にも予兆が 

ちょっとオーバーペースだったかなぁ

久々だっす ヤバイっす

山頂間近だが ここで登行終了


凹凸が深いシェカブラ帯をトラバースして

F−PARAに入るのだ〜

そこにはフラットバーンがあった 

固い雪 ガリではない ほっ

とにかく慎重ターン  足筋肉正常作動

まぁいい雪だったんでは


二つブナの下は湿りズブ雪で曲がらない滑らない

だからヘボは直滑降 

うねり気づかず ジャンプ 転倒

頭打つ 大丈夫かいな?

後は、とにかく安全 慎重に 


スノーシューの足跡 4番目もいたみたい

本日の稲倉 4人すべて単独

*******************************************************************
2011年3月20日(日)晴れ→曇り
単独
林道除雪終点900→二つブナ1115→1450m1250/1310→F−PARA
→戻り1420
goode板、ガル靴
鶴泉荘 300円
*******************************************************************
Posted by nandokamuro at 21:19│Comments(0)