皆さんこんにちは。
昨日は休暇とでも言いますか、ほとんどインしませんでした。何のイベントもない時くらいリフレッシュしておくのもいいものです。

本題に入る前に、「やめどき」という概念について主観を語りましょう。

私は何年か前まで時おりパチンコやパチスロをしに行く事がありましたが、パチンコには確変、時短、ST終了後、パチスロはタイプが色々あるのでちょっと複雑なのですが、期待値が低くなった回転数というやめるに適したゾーンのような物が存在します。

もう1つ、やめどきとして抽象的な概念がありまして

座った理由が無くなった時点で

とか

今から台を選ぶとしてこの台に座るのか?

という概念もあります。

ロハンにも同様の考え方を取り入れるとしたならば、今はまだやめどきとして適切とは言えないと思います。あくまでも主観です。

今回は今週のアップデート内容から垣間見えた今後の予見、それを基にしたやめどき考察といきましょうか。
これから書くことは主観、あるいは主勘ですから、あくまでも参考程度に耳を傾けて下さいね



とはいえ何から並べたら良いものか・・・w


まず、今の実装状況はかなり中途半端な段階である。という事からでしょうかね。



先に触れたように、コスが一本化され、PVP&PVE防御が付与されたのは周知かと思いますが、これが意味するものは次の一本化コスの暗示に他なりません。

ロハンの歴史を見るからに、このまま紅蓮が絶対最強のまま終わるという可能性よりも、そうではない可能性の方が高いです。

どのようなアプローチでたどり着くものであるかはさておき、ナイトメアに対するドミネイト、あるいは暴君に対する賢帝のような存在~まあ例えるなら翡翠の~みたいなコスが実装される可能性はかなり高いと思います。

ではその性能は?

というと、今の時点ではまだ存在していないPVP攻撃力、そしてオプション攻撃力の増加という線が妥当ではないでしょうか?


最近は火力のインフレに伴いダメージ減少やその類いのバフ・スキルそしてPVP防御を合わせた耐久力のインフレがありますが、次の実装段階ではそれらを打破するものが主流になり、攻撃役はそちらを、支援役は現状のものかあるいは今後実装される上位互換を、という風になるのが自然かと思います。


まあそれらは根拠を欠いた妄想なのかもしれませんが、今PVP戦におけるステータスで苦しんでいるメンバーや同盟の方々、ひいてはこのブログの読者の方々に伝えておきたいのは


このゲームのPVPは先制が絶対的優位であること
そして後から実装されるものが優位であること

です。

特にうちのギルドに限って言えば遅れて参入しているわけですから、同じ土俵で追おう、追い付こうとしてもそれは無理です。

今時点ではPVP防御力は極一部に限られた高価な装備品にしか付与されていません。他もやらなければいけない段階の中、今からそれらを集めに行ったところで勝ちの目は非常に小さい。

だから今からPVP防御を集めるのでなく、今後実装されるであろうPVP攻撃力その他に賭けて備えていった方がまだ勝算があると思います。


そしてロハンは攻撃職は攻撃型装備(PVPやオプション攻撃力重視)か支援型装備(PVPやPVE防御力重視)の2極化していき、後はそれらの%をいかにして集めていくか。というゲームになっていくのではないか?そうやって繰り返されていくのではないか?というのが私の予見するところです。

しかしそれにはかなりの・・・最低でも今まででいうところのPVP防御力を集めるくらいの金銭や労力を必要とする事は間違いないでしょう。


私はもう疲れました。
多分それらを追う事はしないでしょう。

でもね、それでもやめどきでないというのはもう1つやり残した事を思い出したからです。

それは

私が復帰して以降武器や防具はまだ実装されていない

ということであり、武器防具実装段階早期での素材の市場や流通状態を見てみたい、関わってみたいというのがあります。

復帰した理由とは別ですが、ロハンをしていない日々でたまにロハンの事を思い出していたのは

5次やベドロン実装当時、その素材~5F武器素材やブルードラゴン等の防具素材を狩りで拾ってはおいしい思いをしたなー

という様なもので、そういう場面にはまだ遭遇できていないんです。

多分今の私のスペックからどんな狩り場が来ても対応できる。あるいはレベルに制限さえなければメンバーを連れていくことだって。

そうしたら、あの日々みたいにPT中に

○○の物理○○拾った!!

というような声が聞ける日々が来るかもしれない。そう思うと今はまだやめどきではないと思うんです。


次の装備実装段階

その世界が私の意に沿ったものでなかったなら、その時は私のやめどきになるのだと思います。