韓国新大統領が日本を「捨てる」日
genre : ニュース, 国際, 政治


 次期大統領の有力候補、潘基文・元国連事務総長が1日、大統領選挙へ電撃、不出馬宣言した。帰国からわずか20日。最高では30%台だった支持率はこの間下降の一途で、前日には10%半ばまで落ちていた(複数の世論調査期間)。

「慰安婦問題でも二転三転、やれ選挙資金がないだの、大統領としてのビジョンもまったく感じられなかったが、それでも国連での経験もあるし、側近さえしっかりすればなんとかなると一縷の望みをつないでいたのに…保守はもう終わりだ」保守派支持の60代男性はこうがっくり肩を落とした。

 韓国では、朴槿恵大統領の憲法裁判所での弾劾認容を前提に、大統領選へ出馬宣言する候補者が続き、今春を想定した次期大統領選への動きが慌ただしくなっていた矢先だった。 

「こうなると、共に民主党の文在寅前代表の独走が続く見込みで、韓国が日本を“捨てる”最悪の状況に陥るかもしれない」(韓国全国紙記者)

 次期大統領候補の支持率で1位を走るのは野党の「共に民主党」の文在寅前代表(34.3%、中央日報研究チーム、64歳)で、日本にとって懸念されるのは、その強硬な対日政策だ。

 釜山の新たな少女像設置から再び火がついた「慰安婦合意」について文前代表は、「もう一度交渉すべきだ。合意というのが果たしてあったのかもよく分からない」(朝鮮日報、1月16日)と再交渉を前面に打ち出し、さらには韓国内での清算すべき対象として、「サイバー保守勢力」「独裁軍部勢力」、そして「親日勢力」を挙げるなど、「まるで70年代の政策」(前出記者)を掲げている。

 しかし、韓国人の知識層に話を訊くと、どれも選挙のためのパフォーマンス、実際に大統領職につけば柔軟な態度にかわるだろうという楽観論が返ってくるが、「読みが甘い」というのは複数の韓国の全国紙記者だ。

「文前代表自身はともかく、何より側近らが日本にまったく関心がない。日本は捨ててもいいという考え方だ。文前代表が大統領になった場合は、日本は相当な覚悟が必要だろう」

(略)

02040817

相変わらず,意味不明な上から目線ですね

よく韓国の国力で日本を捨てるなんて

言葉が出てきますね

日本に,しがみついて

寄生してるだけなのに

韓国は,チキンレースしてる

積り,なんでしょうね

いよいよと,なったら

日本が謝ってくるって

何十年と捏造してきた反日妄想が

暴走して日本憎しで北朝鮮にも劣る

状態なのが今の韓国

「日本を捨てる」のは良いけど

中国が,なんとかしてくれる,とか

甘いこと考えて、いませんよね

新大統領はTHAADをどうするか

決めなければ、なりません



THAAD配備すれば中国から経済制裁

THAAD撤回すれば米国から経済制裁

                  在韓米軍軍撤退



EU諸国、米国はスワップに応じてくれない 

UAEとのスワップは終了

オーストラリア、インドネシアとの

スワップは3月満期で終了

残っているのは今年の10月満期の中国のみ

中国が更新してくれると良いですね(笑)

後になって捨てた日本に「日本、助けろ」

とか,上から目線で言い出す?



日本は相当な覚悟?

日本は別に韓国に依存してるのは

対、北朝鮮と中国の防衛だけです

防衛が大変になるけど韓国は友好国であっても

領土問題のある潜在的敵国

でも,あったから問題,有りません




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ