日本と通貨スワップ中断の韓国、豪州と2倍に拡大
中央日報日本語版 2/8(水) 14:42配信


韓国と豪州が通貨スワップ規模を従来の2倍の100億豪ドルに増やすことにした。不透明な世界経済状況を勘案し、非常時に使える外貨を最大限に増やそうという趣旨で取られた措置だ。

韓国銀行(韓銀)と企画財政部によると、韓銀と豪州中央銀行は22日に終了するウォン・豪ドル通貨スワップ契約を3年延長し、規模も100億豪ドル(約9兆ウォン、約9000億円)に拡大することにした。従来の韓豪通貨スワップ規模は50億豪ドルで、2014年2月の契約締結当時の為替レートで5兆ウォン程度だった。豪ドル基準で規模が2倍に増えた。韓銀は「両国間貿易を活性化し、経済発展に寄与し、金融の安定を向上する目的で通貨スワップ延長契約が締結された」と公式的な通貨スワップ延長および規模拡大の理由を明らかにした。

このうち特に注目されるのは「金融の安定」だ。世界経済はトランプ米大統領の米国優先主義および保護貿易主義強化政策で非常に不透明な状況だ。オンショアリング(海外に工場を移転した企業が米国に再び工場を移すこと)政策のため、外国人投資家が投資金を撤収するという懸念も出ている。米ドルも暴騰と暴落を繰り返し、外国為替市場を不安定にしている。

もちろん現在、韓国の外貨準備高は3700億ドルにのぼり、通貨危機当時のように簡単に揺れる状況ではない。とはいえ武器は多ければ多いほどよい。政府と韓銀が通貨スワップ拡大に注力するのもそのためだ。通貨スワップは通貨を交換するという意味であり、それぞれの通貨をあらかじめ約定した為替レートで相互交換できる外国為替取引をいう。外貨不足事態が発生する場合、すぐに通貨スワップ締結国から外貨の供給を受け、足下の火を消すことができる。一種の「外貨安全網」ということだ。

(略)

02080518
リーマンショックの時

100円台から50円台まで下がったのが豪ドル

スワップってそういうの如何でも良いの?

豪ドルって非常時にジェットコースターの

イメージで非常時に韓国に使わせるほど

余裕がある国では無いと思いますが?

その上、借金の返済は米ドルか

ユーロで求められるので

相互交換でウォンと豪ドルを

交換しても、米ドルかユーロに

換金しないと、いけない

日本とのスワップは要らない的な

ニュースも見るけどIMFや中国から

強引な返済要求や監視をされた事から

返済が優しい日本とのスワップに

拘ってるのは韓国なんですね

日本に泣きついて協議再開した時の

要求はいきなり500億ドルでした

それに比べたら随分控え目な金額ですね

まあ豪州にしてみればメリットなんか

何も無いのは分かってるだろうけど

仕方なくって所ですか



此の記事で気に成るのは

スワップ締結したとは書いてませんね

まさか、ただの願望ですか?




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ