韓国映画『軍艦島』に対するねつ造主張に監督が反論
中央日報日本語版 2/9(木) 15:09配信


リュ・スンワン監督が、日本メディアの産経新聞が映画『軍艦島』を批判したことに対して口を開いた。

リュ監督は8日に放送されたMBC(文化放送)のニュース番組『イブニングニュース』に出演して「(産経新聞は)少年坑夫など存在しなかったと主張しているが、(われわれは)取材した人々がいる」とし「数多くの証言集を通じて本当に事実だというほかない資料がある」と反論した。

同映画は軍艦島に強制徴用された朝鮮人が命懸けで脱出を試みるという内容を描いた作品で、ことし7月に公開される予定だ。産経新聞はしかし、8日、「映画『軍艦島』は事実と違っていて、歴史をゆがめたもの」と歴史わい曲を主張した。

続いてリュ監督は「歴史的事実に基づき、軍艦島内部を描写する美術的セッティングのようなものは徹底的に考証に基づいている」と付け加えた。

リュ監督は「ただし、強制徴用された朝鮮人400人余りが集団脱出するという内容はわれわれが創作したもの」としながら「だが、徴用が行われ、地下1000メートルまで下りていって炭坑で作業をし、人権の蹂りんを受けながら生活をするなどの内容は、歴史的事実を基盤としている」と述べた。

リュ監督は続いて「端島が世界文化遺産に登録された以上、表面的な部分だけでなく、その島が持つ歴史について世界の人々が知るべきではないか」とし「光と影の部分をどちらも潔く明らかにした時、文化遺産として真の価値を持つようになるのではないかと思う」と述べた。

02090452

給料明細も福利厚生も厚生年金加入記録まで

有る出稼ぎが強制労働の被害者ですか?

第一、少年の炭鉱夫なんて居ませんでした

当時の技術て少年に炭鉱夫が勤まる筈が無い

韓国人で証言してる人の年齢に矛盾が生じるから

「少年」って事にしなきゃ、いけないって話でしょう

矛盾がでてきて突っ込まれた時の言い訳が

「みんなそう証言してるから事実だ!」

って逃げるパターン、

もう散々、飽きるほど見てますけど

慰安婦と同じですね

軍艦島が世界遺産に登録されて,なかったら

絶対にこの映画も作って,なかった,だろうし

軍艦島の存在すら知らなかった,でしょう

結局、日本にやっかみ入れたいだけ

韓国では「慰安婦が虐殺された」と

国定教科書に記載されているそうです

そんな事実は無いけど

映画に成ってる,から事実だそうです

こうして,何時も挑発してくる,のは韓国

そして、それに強い対抗処置を取れずに

世界中に非を認めてる,かのごとく

誤解を招く日本の政府

大使、領事引き上げる抗議をしたんですから

さらに強硬な態度で臨みましょう

そして,もっと真実を世界にアピールしましょう




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ