自民党
稲田氏が答弁撤回し謝罪、辞任否定に野党席からやじ
日刊スポーツ 3/14(火) 14:24配信


 かつて森友学園の民事裁判に顧問弁護士として出席していたことを示す大阪地裁の書面の存在が表面化した稲田朋美防衛相は14日の衆院本会議で、13日の参院予算委員会で、「夫の代わりに出廷していたことが確認できた」と述べた。

その上で13日の参院予算委員会で、学園関連の訴訟を担当したことがないとした発言は、事実と異なったとして謝罪した。

 その上で「私は誠実な答弁に努め、誠心誠意職務に当たっていきたい」と述べ、辞任しない意向を示した。

 「私は、(13日の参院予算委員会で)籠池(泰典)氏の意見を受任したことも、裁判を行ったこともないと申し上げた」とした上で、「(指摘された問題は)委員会の場で、12年前の質問だった。私の記憶に基づき、答弁したものだ」と言い訳した。

 この日、04年12月の森友関連の訴訟に出席していたことを示す書面の存在が報じられたのを受け、「報じられた事案は、13年前の森友に関するもの。籠池氏とは10年来、疎遠にしている」と、あらためて強調した。 自身が担当した学園関連の訴訟は「この1件だけ」と述べた。

 また、籠池氏との顧問契約は、夫の龍示氏が04年10月に結び、09年8月に終了したと述べた

 稲田氏の「辞任否定」を受け、野党席からは「え~っ」とやじが飛んだ。

03151149

稲田議員ちょっと期待してましたが

只の小物政治家でしたね

只の小物政治家でも民進党議員よりはマシ

なのが悲しいかな現実ですね



昨日は1度も会った事が無いと

森友との関係を完全否定

威勢よく答弁をしてましたが

今日は開き直っての平謝り

それもマスコミで指摘されての事ですね

何故、最初から確認して

答弁しなかったのか?





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ