日、国
<核禁止条約>米と被爆者に配慮…国連で日本不参加を表明
毎日新聞 3/29(水) 1:42配信


 米ニューヨークの国連本部で27日に始まった「核兵器禁止条約」の交渉会議で、日本政府が「建設的かつ誠実に参加することは困難だ」と交渉への不参加を表明したのは、「核の傘」を提供する米国と核廃絶を求める被爆者の双方に配慮した結果だ。ただ、会議に出席しつつ不参加を表明する異例の対応に、国際NGO(非政府組織)などから批判の声も出ている。

 高見沢将林(のぶしげ)軍縮大使は会議の演説で北朝鮮の核・ミサイル開発に触れ「現実の安全保障を踏まえず核軍縮を進めることができないのは明らかだ」と強調。会議に核保有国が参加しておらず「国際社会の分断を一層深め、核兵器のない世界を遠ざける」と説明した。

(略)

 また、安全保障環境を理由とした不参加表明に対し、核戦争防止国際医師会議(IPPNW、本部・米国)のアイラ・ヘルファンド氏は「日本の懸念は分かるが核兵器は人々を守る方法ではない。核兵器の被害を受けたにもかかわらず、核兵器の危険性に対してあまりに無理解だ」と語った。

 岸田氏は28日の記者会見で「核兵器のない世界を目指す大きな目標は、政府も被爆者も共有している」と釈明したが、理解を得るのは簡単ではない。【小田中大、ニューヨーク國枝すみれ、竹内麻子】

090437

理想は根絶ですが

現実は無理でしょう

そもそも

核保有の国々が参加してないんじゃ

会議が意味を持たないでしょう

今、日本は北朝鮮の核の

脅威にさらされています

核禁止の国際条約をつくっても

最大の脅威である北朝鮮が

言うことを聞くとも思えません

米の核の傘という庇護の下に

日本がいる以上

日本が参加しないのは

正常な判断だと思います




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ