韓
韓国大統領選 文氏の外交に不安の声 日韓合意見直し/THAAD反対
産経新聞 4/4(火) 7:55配信


 【ソウル=桜井紀雄】韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)容疑者の罷免に伴う5月の大統領選に向け、左派系最大野党「共に民主党」は3日、各地の予備選で57%の票を得た文在寅(ムンジェイン)前代表(64)を党公認候補に選出した。文氏は世論調査で30%を超える支持率を維持し、首位を独走するが、外交・安保姿勢を不安視する声も根強い。他の陣営にとっては「反文氏」で結集できるかが鍵となりそうだ。

 3日のソウルの大会まで4回にわたって実施された予備選で、文氏は、安煕正(アン・ヒジョン)・忠清南道(チュンチョンナムド)知事の21・5%や李在明(イ・ジェミョン)・城南(ソンナム)市長の21・2%を引き離した。朴容疑者に惜敗した2012年に続き、2度目の大統領選への挑戦となる。候補受諾演説で「不正腐敗や不平等の積弊を完全に清算する」と述べた。保守政権の悪弊を一掃するとの宣言だ。

 文氏は、慰安婦問題をめぐる15年の日韓合意も「外交の積弊」として見直しを主張。3月に出馬を宣言したネット上の動画でも「歴史を忘れず、まともに扱われなかった慰安婦被害者に尽くす国にならなければいけない」と強調した。親北政策を進めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の後継者として、経済的に北朝鮮を潤してきた開城(ケソン)工業団地や金剛山(クムガンサン)観光の再開も明言する。

 中国が強く反発する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備については「次期政権で決めるべきだ」と繰り返し、反対する本音をのぞかせている。外交・安保政策の断絶を生む姿勢に拒否感を示す有権者も多い。党の重鎮、金鍾仁(キム・ジョンイン)氏が3月に文氏の当選阻止を掲げ、離党した。

 「反文氏」票の受け皿になるとみられているのが、中道左派の第2野党「国民の党」の安哲秀(チョルス)元共同代表だ。最新の世論調査では、安煕正氏を抑え、2位に急浮上した。穏健な政策で保守層も取り込んできた安煕正氏が党候補から落選したことで、同氏の票が安哲秀氏に流れるとの観測もある。ただ、自由韓国党など保守2党と国民の党とのスタンスの差は大きく、「反文氏」勢力が候補を一本化できる見通しは立たない。

04041028

韓国は自国を取り巻く国際情勢を

判ってるのでしょうか?

反日政策(慰安婦像)から

日韓国関係は冷え切って

米国との関係も良好とは言えず

親密であったはずの中国との関係も

THAAD配備をめぐって

対立関係に成ってます

文韓国大統領が誕生すれば

文氏の今までの言動からすれば

日韓関係はさらに冷え切り

THAAD配備は延期となり

米国との関係はこれまで

以上に冷え込む可能性が高い

中国はTHAAD配備延期を

評価するでしょうが

以前のような蜜月関係に戻る事は

考えられません

北朝鮮には太陽政策の復活し

資金や技術を援助する事に成りそうです

だからといって

北朝鮮が挑発をやめるとは思えません

中国と北朝鮮はギクシャクした関係に有り

文氏の路線で韓国が中国、北朝鮮の

三国協力連携を築けるとは思えません

また日米の韓国に対する政策によっては

防衛においても経済においても

大打撃と成るでしょうが

中国が何処まで韓国を助けるか?

日米に見捨てられた韓国は

最悪、韓国は中国の属国化さえ考えられます





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ