米シリア
米、シリア政権に軍事攻撃=巡航ミサイル59発―トランプ氏「虐殺終わらせる」
時事通信 4/7(金) 10:27配信


【ワシントン時事】米軍は米東部時間6日午後8時40分(日本時間7日午前9時40分)ごろ、シリアの空軍飛行場に対し、巡航ミサイル59発を発射した。

 シリアのアサド政権に対する軍事攻撃は初めて。トランプ米大統領は、アサド政権が化学兵器を使用して攻撃を行ったと断定し、「致死性の神経ガスを使って、アサドは無力な男性、女性、子供の息の根を止めた」と強調。対抗措置として化学兵器攻撃の拠点となった飛行場への攻撃を命じたと明らかにした。

 米中首脳会談のためフロリダ州に滞在中のトランプ大統領は声明で「シリアでの虐殺と流血を終わらせることを目指すため、全ての文明国に参加を呼び掛ける」と国際社会に協力を訴えた。さらに「化学兵器の拡散と使用を抑止することは、米国にとって死活的利益だ」と指摘。「アサド政権に振る舞いを改めるよう求める国際社会の試みは失敗した」と断じた。

 米国はこれまでシリア内戦で、過激派組織「イスラム国」(IS)などテロ組織の掃討作戦を進める一方、アサド政権の後ろ盾であるロシアの反対で、アサド政権への攻撃は避けてきた。2011年に始まったシリア内戦は、米国の軍事攻撃により新局面を迎えた。

 米国防総省によると、地中海東部に展開した米駆逐艦「ポーター」と「ロス」から、巡航ミサイル「トマホーク」59発を発射。中部ホムス県の飛行場を狙い、航空機のほか燃料庫、弾薬庫、防空システム、レーダーなどに攻撃を加えた。標的の飛行場は、化学兵器の保管に用いられていたとされる。ロイター通信は国防当局者の話として、攻撃は1回限りのものだと報じた。

04070337

今回の攻撃、科学兵器に対する

国際的な報復という大義を

言っていますが、その先に

米国が何を見ているのかが

今一つ分かりません 

後、ロシアが如何、出るかです

地中海から撃ったという事は

ロシア軍は一部始終見ていた筈で

それでも黙認したという事です

米国と直接対決する事を

避ける為に防空システムを

配備しながら何もしていません

そうなると、どの様な型に成るか

判りませんが「落とし所」を

探る交渉が米露間で始まる

可能性は有ると思います

この軍事作戦が

良い結果に成るか

悪い結果に成るか

未知数ですがトランプ政権が

「敵」を倒すのに軍事力行使を

ためらわない国に米国を戻した

のは確かみたいです

って事は朝鮮半島情勢も

今後ますます緊張しますね

会談前の中国の

「米国の威嚇は口だけ」

との楽観論を覆させる

米中首脳会談中のシリア攻撃

トランプ流交渉術なんでしょうね





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ