ロシア、米、シリア
着弾は23発と主張=米ミサイル性能「非常に低い」―ロシア国防省
時事通信 4/7(金) 21:33配信


 【モスクワ時事】ロシア国防省は7日、米軍がシリアの空軍基地に対し発射した巡航ミサイル「トマホーク」59発のうち、半数以下の23発しか着弾していないと主張し、ミサイルの性能は「非常に低い」と強調した。

 
 国防省はシリア空軍基地の損害について、修理中のミグ23戦闘機6機とレーダー施設、倉庫などが破壊され、4人が死亡したと述べた。ラブロフ外相は滞在先のウズベキスタンで、ロシア軍人の死者は出ていないとの見方を示した。

 国防省はまた、シリア政権軍の防空システムの能力強化に向け、対策を講じる方針を表明した。 

040811592

ミサイルの性能が、どうのこうのより

米国が実際に武力行使をしたって事が

重大な事だと思います

脅しや警告だけじゃないぞって事です

精度と攻撃威力はデーター取てますから

随時UPデートして精度を高めていくのが

米軍の技術です

第2回目はもっと良く成ります

トランプ大統領と首脳会談をしていた

習近平国家主席は如何、感じたのでしょう?

首脳会談のさなかにミサイル攻撃とは

習近平国家主席はトランプ大統領の

本気さに脅されているのと同じですね

調子に乗っていると南沙諸島にも

ミサイルを撃ち込まれる?

中国の態度しだいでは

北朝鮮は爆撃される?

結局、米国もロシアもシリアも

テロ組織も自分の正義に

反してる相手は

遠慮無く攻撃するて事です

今は米国が強いから米国が

世界の正義って事に成ります

勢力が逆転すれば、米国は

テロ国家みたいな扱いに

成るでしょうね




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ