日米北
朝鮮半島緊迫化、日本の対応は? =集団的自衛権行使も
時事通信 4/12(水) 7:30配信


―朝鮮半島情勢が緊迫化してきたようだね。

 トランプ米政権は核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮への対応として「あらゆる選択肢がテーブルにある」と、軍事行動による抑え込みも辞さない強硬姿勢を示していた。

 そうした中、米軍が化学兵器使用を疑われるシリアに軍事攻撃を実施。ティラーソン米国務長官は米ABCテレビのインタビューで「国際合意に違反し、他(国)の脅威になれば対抗措置を受けるというメッセージだ」と、名指しを避けながらも北朝鮮に警告したんだ。

 実際、米国は原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に急派。米メディアでは軍・情報機関高官の話として、金正恩朝鮮労働党委員長を殺害して体制転換を図る案の検討も報じられていて、きな臭さが増している。

(略)

―政府は国民の生命や財産を守れるかな。

 まず、旅行者を含め約6万人いる在韓邦人の保護の在り方が問題になるけど具体策は見えない。自衛隊機派遣は韓国政府との調整が難しいし、米輸送艦での避難も考えられるが、米国人優先だろうから現実的でなく、課題は尽きない。

 一方、日本の都市や在日米軍基地が攻撃対象となった場合の備えも十分とは言えない。北朝鮮のミサイル攻撃を想定した避難訓練が行われたのは3月が初めてだよ。朝鮮半島有事が「想定外」とは言えない時代に入ったという見方もできるが、政府は実際に行動に移す際、理解を求める必要があるだろうね。

04121052

野党と公明党が巡航ミサイルに

反対している為、日本には

敵基地を叩けるミサイルが有りません

ミサイルを撃たれるのが分かっていても

ミサイルにに核や科学兵器が搭載してる事が

判っていても撃たれてからも

日本単独では何も出来ないのです

朝鮮半島有事の時は

民主党蓮舫代表は政府の交渉怠慢と

叫び散らすだけでしょう





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ