民進
長島昭久氏ら保守系が見限った蓮舫・民進党 政権交代どころか党存続も危険水域に
産経新聞 4/16(日) 10:23配信


【高橋昌之のとっておき】

 長島昭久衆院議員(55)が4月10日、民進党に離党届を提出し、同党が除籍(除名)処分の方針を決めたことは、同党内に大きな衝撃を与えています。続くように細野豪志代表代行(45)も13日、代表代行職の辞任届を提出しました。長島、細野両氏は同党の保守系議員の筆頭格だけに、この一連の動きは同党の左傾化が抜き差しならない状況にまで進んでしまっていることを物語っています。

 蓮舫代表(49)は次期衆院選での政権交代を大目標に掲げていますが、2人からはもはやその資格も能力もないと見限られたと言っていいでしょう。党の存在意義さえ問われかねない事態です。

(略)

 政権交代可能な二大政党制は、外交・安全保障など国家の根幹である政策について基本的に同じ土俵に立ち、その他の個別政策では対案を示し、建設的な議論を行うことによって成り立ちます。

 蓮舫氏も28年9月の代表就任後、「提案路線」を打ち出しました。しかし、現状はどうでしょうか。提案らしい提案は行われることなく、ひたすら政府・与党に対して反対、徹底抗戦を繰り返してきました。審議が始まったテロ等準備罪を創設する組織犯罪対策法案にも、同様の姿勢で臨んでいます。

 これでは次期衆院選で「民進党に政権を任せよう」という機運が生まれるはずはありません。それどころか、野党第1党としての本来の役割を果たしていないということで、支持を失い続けるでしょう。

 細野氏は辞任の理由について、憲法改正私案を発表したことから、「憲法改正に対する考え方の違い」を挙げました。しかし、長島氏とは盟友であるだけに、同じ危機感を持っていることは間違いないと思います。

 問題は今回の長島、細野両氏の行動を、蓮舫氏をはじめとする執行部だけではなく、党所属国会議員がどう受け止めるかです。自分が国会議員でさえあり続けられれば、国会がどうあるべきかはどうでもいいというのでは、職責を果たしているとはいえません。

 長島氏が指摘したように、現在の日本は北朝鮮をはじめ極めて深刻な国際情勢に直面し、内政においても将来に向けた確たる展望は見い出せていないのが現状です。国会で不毛な与野党対決を繰り返している場合ではなく、よりよい政策を導き出すための建設的な議論が行われる必要があります。そのために野党第1党の民進党に課せられた役割は大きいのです。(編集委員)

04161106

蓮舫党首は

国民や党の為に何かしたのかな?

ただただ、喚いている記憶しか

無いんですが

与党からしたら

蓮舫代表ほど与し易い

野党党首も、なかなかいない。

TVで自民党の議員が

蓮舫代表には、出来るだけ長く

民進党の党首で居て欲しい

と言ってました



代表ならば党内を纏めないと

いけないのにそれが出来ない。

それどころか逆に

混乱させてますね

共産嫌いが民進党内に居る

という事、位い判っていた筈

それなのに共産と共闘して

分裂を加速させてどうするの?

共産主義や社会主義に移行と

言えば柔らかく聞こえますが

共産党が目指すのは資本主義打倒

今の民進党幹部は信念が無い

議席のため活動してる。

議席確保のため主義主張が異なる

者でも手を取り合い協力しよう

ってのが無理な話です

解体して志しを共にする者だけで

集まり直して信を問うべき。

今の様に与党の批判と

揚げ足とりばかり批判といっても

本来のあるべき前向きなものではなくて

ただのあら探し

こんな政党、誰が支持する




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ