日
森友問題で“面談音声”入手、財務省側が「特例」発言
TBS系(JNN) 4/26(水) 12:44配信


 森友学園への国有地払い下げ問題で、JNNは籠池前理事長が去年3月、財務省と面談したとされる音声データを入手しました。このなかで財務省側は今回の土地取引について、「特例」と発言していました。

 「タムラでございます」
 「籠池でございます」

 これは去年3月、森友学園の籠池泰典前理事長らが財務省と面談したとされる際の音声データです。タムラと名乗っているのは、安倍昭恵夫人付きの谷氏が問い合わせをした財務省の田村国有財産審理室長とみられます。この日、籠池氏らは定期借地した小学校の用地から新たなごみが出てきたため年間2700万円の借地料を交渉するため、財務省を訪れていたとみられます。

 「(借地料を)払うにしてもね」(籠池氏)
 「いずれにしましても我々国としましても昨日現地で確認させていただいた、やはり国として国費、税金から国費をお支払いするということに関しては」(タムラ氏)
 「あんたの財布の中身まで知らんでしょ」(籠池諄子氏)
 「当然、根拠が必要となりますので、これから検討していかないと」(タムラ氏)

 値引きには根拠が必要とする一方、売却予定の国有地を定期借地にしたことを特例と言っているようです。

 「特例にしてですね」(タムラ氏)

 結局、3か月後の去年6月、土地は鑑定額から8億円値引きした1億3000万円で森友学園に売却されました。(26日11:39)

04260516

財務省ではあらゆる証拠を処分し

隠滅してしまっている、そうですので

事実関係を確認する手段は唯一

田村室長ら関係者の

証人喚問をするしか有りません

でも本当に不思議なのが何故、今?

声門鑑定やって証拠能力が有るのかどうか

ハッキリさせて

しかし、この音声データー

切り取り露骨すぎです

「特例にしてですね」

その前後の言葉を意図的に消してるのが

丸分かり

籠池氏、現在が有る事を見越して

動いてたのか?







もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ