韓、中、米。北
中朝一触即発!北国営メディア名指し批判に中国も反論「無謀な妄動がもたらす最悪の結果を熟慮しろ」
夕刊フジ 5/6(土) 16:56配信


 「血の友誼(=血で固めた同盟)」とも称されてきた中国と北朝鮮の関係に亀裂が走っている。北朝鮮の国営メディアが名指しで中国批判に踏み切ったのだ。北朝鮮に対する圧力を強めたことへの反発とみられるが、極めて異例の北朝鮮の対応に対し、中国側も反論に打って出た。北朝鮮を率いる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が暴走を続ければ、中朝関係は一触即発の危機に陥る可能性がある。

 「朝中関係の赤い線(レッドライン=越えてはならない一線)を中国が越えている」

 「朝中関係の柱を折る今日の無謀な妄動がもたらす最悪の結果を熟慮した方がいいだろう」

 北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信は3日の論評で、核開発の中止を求める中国を名指しで強く非難した。

 論評では、レッドラインを尊厳と主張を侵害しないことだとし、「核は尊厳と力の絶対的象徴であり、赤い線を越えているのはわれわれではない」と主張。北朝鮮の核開発を中朝関係悪化の原因だと論じる中国共産党機関紙や系列の「環球時報」を、「米国に調子を合わせていることへのあさましい弁明だ」と批判した。

 これに対し、中国外務省の報道官は4日の記者会見で、「中朝の善隣友好関係を発展させる中国側の立場は一環しており明確だ」と反論した。さらに、環球時報は4日付で「もし北朝鮮が新たな核実験に踏み切った場合、中国側がどのような未曽有の厳しい対応を取るか理解させなければならない」と主張した。

(略)

 今後の北朝鮮の行動次第では、北朝鮮が中国に依存する石油の供給制限に踏み切る可能性もある。朝鮮中央通信の論評が個人名によるものだったことが、北朝鮮による調整との見方もあるが、中朝関係がこれまでにない危険水位に近づいていることは間違いな

05070634

米中の経済同盟が

血の同盟に勝ったって事ですね

隣のロシアは、火事場泥棒を

企んでるみたいだけど

米国、中国、北朝鮮が混戦をしてる時

何時も蚊帳の外の国、韓国

米国も中国も、相手はしてくれないから

後は北朝鮮にすがるしかない韓国

韓国の国民が、大統領に、

北朝鮮親派の文在寅を選べば

米国による武力行使も有り得ます

今現在、米国が北朝鮮を

攻めないのは同一民族である韓国に

遠慮しているに過ぎないんですから

中国から見れば

韓国がもし北朝鮮と統一を画策したら

中国にとって何のためらいもなく

制圧出来ることが分かって

いないのでしょうか?




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ