日韓
邦人観光客の低迷でまた「曲解」と「被害者意識」 「日本は大げさ」と非難 北への危機意識なき韓国大型連休の総決算は
産経新聞 5/8(月) 9:00配信


 日本と同じく、韓国では大型連休の終盤を迎えている。この連休期間、本来ならば日本や中国など近隣国からの観光客呼び込みによる“特需”が期待されるところだった。ところが、今年は中国人観光客は激減し、日本からの観光客も伸び悩んでいるようだ。その原因とみられる最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備の問題や、北朝鮮をめぐる朝鮮半島の緊張に振り回され、選挙期間中でもある韓国にはとんだ大型連休だったようだ。(ソウル 名村隆寛)

 気のせいでもないだろうが、連休中のソウルが静かだ。韓国では4月29日から大統領選挙が行われる5月9日まで、2、4、8日の平日をはさみ、飛び石ではあるが11日間の連休が続く。この期間、韓国の観光業界は例年ならかき入れ時なのだが、THAAD配備に反発を続ける中国からの観光客は3月中旬以降、すっかり姿を消している。また、韓流ブームに沸いていた6、7年ほど前とは違い、日本からの観光客も目立っていない。

 韓国メディアによると、今年は海外からの観光客の予約率などが過去最悪となっているという。中国人観光客については「想定内」のことだったようだ。しかし、特に日本人観光客に関しては、北朝鮮情勢が大きく影響したとみられている。韓国観光公社によると、4月初旬までの訪韓日本人の増加率は前年同期比で20%台だったが、その後、月末にかけて2~3%に鈍化したという。日本の観光業界関係者の話として、「3000~4000人の日本人が韓国観光の予約をキャンセルした」との報道もあった。

 この日本人の韓国訪問キャンセルの原因としてやり玉に上げられているのが、また日本だ。日本の外務省は4月11日に「海外安全ホームページ」に、朝鮮半島情勢に関する情報に引き続き注意を促す「スポット情報」を掲載したが、これに対し韓国メディアは「大げさだ」と批判的に報じた。以後、安倍晋三首相による「朝鮮半島有事」にからむ発言や、日本メディアの報道ぶりを「朝鮮半島危機説をあおる」「行き過ぎた危機意識や対応」と断定し、批判する報道が韓国ではあった。極めつけは北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、失敗したとみられる4月29日に、東京都内で地下鉄が停車した際の反応で、やはり「大げさだ」との報道があった。

 このほか、安倍首相が朝鮮半島危機説に便乗して軍事大国化を狙っているとか、支持率挽回をたくらんでいるやら、学校法人「森友学園」問題での政治的危機から脱するもくろみがあるなど、まるで安倍首相が韓国を陥れる陰謀を企てているかのような見方まで出た。日本国民が朝鮮半島情勢に「不安感や危機感を感じている」とは素直に受け止めようとはしない。メディアを中心に韓国では、「日本が不安感や危機感をあおっている」と解釈したがっているようだ。

(略)

05080605

首都のソウルと国境まで40キロ程度でしょ?

向こうがその気なら、簡単に火の海にできる。

なぜそんなに呑気でいられるのか

日本人には理解できません

反日、反日と騒ぐくせに

日本からの観光客は期待する?

日本に観光に来る?理解出来ません

第一朝鮮半島有事を煽っとるのは

北朝鮮です何故か日本を批判する韓国メディア?



(レコード、チャイナ)の記事です



韓国でだまされる旅行客が続出



・タクシーはメーターを使わず

 相場よりも高い金額を要求する

 遠回り、さらには改造メーターで料金をつり上げる

 昨年8月から3月にかけて外国人観光客から

 67件もの苦情が寄せられた。



・民泊は値段を、つり上げたり

 ひどい条件だったりする。



・レストランでも韓国人向けとは別に

 ぼったくり価格の

 外国人向けメニューが用意されている



以上は中国人、向けの注意ですが

日本人も同じでしょう



有事の際に、韓国は邦人退避に全く

協力してくれない

邦人保護の為自衛隊の艦艇の入港も拒否している

韓国政府が外国人保護として

正当に日本人を扱うとは思えません

米国人、邦人に限らず外国人の保護の為には

米軍だけでは無理でしょう

米国も韓政府が如何に無能かは理解してる

早期に自衛隊出動要請が出されるでしょう

韓国が何と言おうとも有事の際の指揮権は

韓国でなく米軍に有ります

後はどさくさに紛れて韓国人の

日本入国を如何に防ぐか

おそらく女、子供を殺しても自分だけ

逃げようとする輩が多いと思われます

これで安心して韓国に旅行に

来てくださいとか、あり得ないでしょう。




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ