日、国
「日韓合意見直し」 勧告したのは国連の委員会でも国連の機関でもない
楊井人文  | 日本報道検証機構代表・弁護士


【ファクトチェック】産経新聞は5月13日、「国連委員会が『慰安婦』日韓合意見直しを勧告 『補償や名誉回復は十分でない』 両政府に」と見出しをつけた記事をニュースサイトに掲載した。この勧告をした「拷問禁止委員会」は、国連総会で採択された拷問禁止条約に基づいて設置された委員会で、いわゆる人権条約機関の一つ。国連に属する機関ではなく、委員会の見解は国連から独立した専門家のものであって、国連を代表するものではない。

産経新聞は、同委員会が2015年12月に日韓政府間で達した慰安婦問題に関する合意について「元慰安婦は現在も生存者がおり、被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘し、日韓両国政府に「被害者の補償と名誉回復が行われるように尽力すべきだ」と強調した、と報じた。

この記事本文を注意深く読めば「国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会」と書いてあるが、見出しの「国連委員会」はあたかも国連内部の委員会で、その活動が国連を代表しているかのような誤解を与える可能性が高い。

実際、一部識者から 「国連が当事者の『合意』に口を挟むのも異例だ」「断固として国連に抗議しよう」といった誤解に基づく国連批判が出ている。

ほかにも読売新聞やNHKなど多くの主要メディアが「国連委員会」あるいは「国連の委員会」といった誤解を与える表現で報じている。

日韓合意をめぐっては、潘基文国連事務総長(当時)が「正しい勇断下した」と評価したほか、バングーラ事務総長特別代表が「画期的」だと称賛し、元慰安婦らの尊厳回復のため、早期履行を訴える声明を発表していた(共同通信2016年1月2日)。

(略)

05130629

マスコミのミスリードですか

何処で、そういう

記事に成ったんでしょう?

それでも日本もこの機関の

加盟国の一つです

そういう国際機関にこんな

不名誉な勧告を受けるのは

国連から出てなくても許せません

韓国のロビー活動が功を奏して

それに反日、在日マスコミが

ミスリードさせたんですね

マスコミは間違いなく

誤解した内容をそのまんま

報道しているので

訂正しなければいけないでしょう

これはマスコミに課された義務です

訂正報道するか、しないかで

各マスコミの反日、在日の

浸透度が分かりますね

それと韓国のロビー活動で

私物化されている

この機関は断罪しなければ

いけないでしょう





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ