自民党
「自分の言葉で素直に語ったつもりだった…」 「敗戦の弁」報道に苦言ツイートの中村あや氏が心中激白
AbemaTIMES7/5(水) 16:31配信


東京都議選での自民党の歴史的大敗。開票が始まった2日夜、都民ファーストの候補に敗れ落選することが確実になった自民党公認候補の中村彩(中村あや)氏による党への“苦言“が、“敗戦の弁“として数々のメディアに取り上げられ話題を呼んだ。

 翌3日、中村氏はTwitterで「マスコミの切り取り方もコメンテーターの適当な憶測も本件で大変勉強になった。国政に対する意見を求められて答えたつもりだったが全て『敗戦の弁』として総括されてしまうようで怖い」、「失言に気を付けて詳細を話す→努力虚しくマスコミに都合良く切り取られる→(無限ループ)。マスコミの編集ではなくネットで今後会見系は自身で丸ごと録画・配信せねば!」と報道姿勢を批判した。

 4日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、中村氏にこのツイートの真意を直撃した。

 「落選の結果が20時過ぎに出て、そのあともちろん会見をやるんですけれども、事務所の大きさ的に、入れる人数が限られていました。それでも注目区なので全社がカメラを入れたいというだったので、まず1台だけ代表のカメラと事務所のスタッフを入れて『敗戦の弁』を語ったんですね。マスコミも外で聞いてたし、その代表カメラの映像が他の所にも回るという前提でした。第一声はもちろん、『自分の努力不足で不徳の致すところでした。本当に皆さま申し訳ございません。本当に支援していただいた方たちには申し訳ないけれども、これからも頑張るので、応援していただきたい』というような内容を語りました。その上で『申し訳なかったし負けて悔しい』ということも言ったんです。その後に(代表取材以外の)マスコミが入ったのですが、その場では自分からの発言は一言も言わせてもらえなくて、『まず質疑応答から始めます』ということになりました」。

 この質疑の中で、“敗戦の弁“として報じられることになる発言に至る。

 「その中で、『今回、逆風と言われて国政に色々起きましたけど、国政に対しての意見はどう思いますか』という質問がありました。不祥事が起きているのも事実で、自民党の一員として、本当に内側からより良くしたいと思って選挙に出ていたので、自民党の議員の先生たちも含め、他の党も国会議員としてみんな公の立場にいるわけだから、公人の立場として身を引き締めてちゃんとやってほしいと。外の人たちがいくら言ったって、党内で何も言わない、そういう風潮が仮にあった場合、やっぱり変わっていかない可能性はあるのではないかと。同じ議員になる可能性があった私としては、先生たちにもちゃんと認識を持って欲しいっていうのがありました」。

 この一連のやりとりを報道した際の切り取り方が誤解を生んだと思い、ツイートしたのだという

(略)

中村氏はこれからも政治家を目指すのだろうか。

 「多分、今回の発言が自民党内でも波紋を呼んでいる最中でしょうが、自民党の一人として私は鞍替えする気も一切ないし、今も自民党に属しています。さすがに落選直後なので、今後どうこうしていくことをはっきり決められませんが、『志』というツイートをした通り、自分の思いは日本のプレゼンスを向上させていきたいっていうところに元々あったので、それを実現できる方法として、議員がベストという形だと今でも思っています。私はそれを実現するために、都政なり国政なりで活躍したいと思っています。それに向けて、地元での活動を行ったり、もっともっと色んなことを勉強したりして、もうちょっとだけ大人になって、もう一回挑戦します」。

0704055407040556

「総理になりたい」なら子供でも言えます

政治家を目指すなら、総理になって何をしたいのかを

明確に訴えるべきでしょう

小池塾に通っていて、内田氏(自民党)に

乗り換えた時点で、小池塾の選考基準から漏れた

落ちこぼれ、あるいは、相当権力志向の強い女

では無いかとの推定が働きます

いずれにしても、そもそもこの逆風のきっかけは

自民党都議連に有った訳で

何故、ドンと呼ばれた内田氏が引退に

追い込まれたのか

を反省しないで、内田氏の後継で立候補したら

苦戦するのは必至、内田氏の引退は

「黒塗り文書」に象徴されるように

「不都合な情報の隠蔽」で有り

中村氏の立候補には最低

「情報公開の徹底」を旗頭にすべきでした

負けるべくして負けた選挙だったと思います

安倍政権の失政や失言は確かに有りましたが

落選したら安倍批判、自民党批判とは

人間性が分かりますね

「敗戦の弁」として取材を受けて話している以上は

後から、ごねても敗戦の弁一括りで

何らおかしくは有りません

思わぬ反響にビビッてマスコミ批判を

はじめただけでしょう

その意味ではもっと自身の言葉を選んで

発言すべきだった余計なことをぐだぐだ

言い過ぎただけ

当選してたら、一切自民党批判をせずに

内田氏・自民党に感謝と、言ってたでしょう


当選が1回も無く政治の、なんたるかも分らない

新人なわけだから、自分は他の知名度だけの

アホ議員と違うと思うのであれば、言い訳ではなく

まずは実績、信用作りから地道に始るべきでしょう





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ