民進
民進代表選、野党共闘が争点=党分裂の可能性も
時事通信7/31(月) 6:57配信


 9月上旬までに行われる民進党代表選は、次期衆院選に向けた共産党との野党共闘が主要争点となる。

 前原誠司元外相が慎重な立場なのに対し、枝野幸男元官房長官は前向きだ。路線対立が先鋭化すれば、党分裂に発展する可能性もはらむ。

 前原氏は30日、京都市内で記者団に「枠組みありきでなく、結果としてわれわれが目指す社会に協力してくれるならば、あらゆる勢力と協力する、というのが望ましい」と述べ、連携の必要性を認めつつ、政策面では譲歩しない考えを示した。

 この日は共産党の穀田恵二国対委員長が同市内で与野党幹部を招き会合を開催。当初は前原氏も出席予定だったが、取りやめた。民進党関係者は「代表選を控え、党内の保守系に配慮したのだろう」との見方を示した。

 前原氏は昨年の代表選で、野党共闘の「リセット」を訴えている。前原グループの中堅議員は「日米安保条約廃棄を綱領で掲げる共産党との選挙協力は、有権者に説明ができない」と語った。

 これに対し、枝野氏は共闘路線を推進した岡田克也前代表を幹事長として支えた。29日のさいたま市内での講演では、共闘に関し「戦術論の話だ。協力、応援してくれるという人を排除する理由は全くない」と語った。

 リベラル系議員は「勝った方が代表、負けた方が幹事長だ」と述べ、代表選後の挙党態勢構築に期待を示す。だが、除名された長島昭久元防衛副大臣のように、共産党との共闘に不満を持つ保守系議員は多い。党内では「共闘路線が変わらなければ、小池百合子東京都知事との連携を求め、集団離党するのではないか」(若手)との観測がくすぶる。 

07280633枝野

枝野議員、共産党と一緒に

選挙戦術の話?

共産党と日本の未来が語れますか?



前原議員は野党共闘に慎重とか


前は共産党を白蟻と言ってたけど

その舌の根も乾かぬうちに

共産党関係者と一緒に選挙運動



もはや選挙は共産票が無いと

勝てない、情け無い民進党

蓮舫代表は党内の声や

自民党と対立し合うばかりで、

国民と全く向き合ってなかった

次の代表がこの事に気づけば

多少は

いや

もう誰が何をやっても駄目かも

野党共闘は単なる

政権与党に対する反対運動で

自らが政権を取る事を想定していません

やはり、責任を取れる野党が必要なので

一度解体して野党を再編するしか有りませんね

何の見返りも求めないで協力、応援

してくれる共産党な訳、無いでしょう

民進党は共産党に吸収、併合されます




もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ