民進
<民進党>新代表に前原氏 党勢立て直し急務
毎日新聞9/1(金) 14:19配信


 民進党は1日午後、東京都内で臨時党大会を開き、新代表に前原誠司元外相(55)を選出した。任期は2019年9月まで。前原氏は国会議員と国政選挙の公認候補予定者の票で250ポイントを獲得。地方議員と党員・サポーターの252ポイントを加え計502ポイントとなり、総計851ポイントの過半数を制した。枝野幸男前幹事長(53)は計332ポイントだった。

(略)

代表選は7月の都議選で民進党が惨敗した後、党運営に行き詰まった蓮舫代表の辞意表明を受けて実施された。新代表は、党勢の立て直しが急務だ。9月25日召集の見通しの臨時国会に加え、10月の衆院3補選(青森4区、新潟5区、愛媛3区)の対応も控えており、就任直後から手腕が問われる。

 特に3補選では、前原氏が野党連携にどう臨むかが注目される。蓮舫代表は今年6月、共産、自由、社民3党の党首と会談し、次期衆院選に関して「4野党が協力して候補者調整を行う」ことなどで合意。枝野氏はこの合意に基づき連携を進めると主張していたが、前原氏は合意を見直す考えを代表選中に示していた。

 前原氏は1993年衆院選で日本新党から初当選し、当選8回。民主党政権で国土交通相、外相、党政調会長を歴任した。05年9月~06年4月には民主党代表も務めた

07280633

国会議員の無効票が8名?棄権が3名?

大事な党の代表を決めるのに

議員の足並みが既に揃ってない

この議員達はいずれ民進党から

離党して行く議員達でしょうね

ワイドショーに国民ファーストの会の

若狭議員が出演してましたが

国民ファーストの会をどうしたいのか?

どういうスタンスでいるのか

何をしたいのかを問われても

真面に答えられない

少なくとも若狭議員は

党首の器では有りません

そして、民進党の離党議員を

取り込むのなら国民ファーストの会も

政党としての意味が有りません

若狭議員は第三勢力に成る積りの様ですが

違う型での民進党に成るだけですね

結局、国民ファーストの会は

小池都知事がいなければ何もできない

烏合の衆、個人政党だと言う事です

民進党は新しい代表の元、

持ち直し支持を取り戻すことが出来るか?

頭を替えても中身は同じなんだから

誰も何も期待していません

「最後の代表選」と言われる中

前回政権を取った時に

八ッ場ダム問題で

一番最初に混乱に巻き込んだ

前原議員が代表ですか?

現時点で期待は全くしてません

「解党的出直し」をする覚悟が本当にあるのか?

また、揚げ足を取るのではなく

真面目に政策を戦わせる事が出来るか?

>今日が反転攻勢のスタートの日

こんな事言ってるから駄目なんです

民進党建て直しと民進党の繁栄の

為に日本が有る訳けじゃ有りません

日本の為に民進党が

有る事を証明出切るか如何かです



今回の代表選も、早速、疑惑が出てます

サポーターに投票用紙を配らなかった不正疑惑

共産党系の事務局がサポーター票が増えると

前原議員有利だと思って投票用紙を配らなかった

と言われてますね

まず新代表は、この疑惑を解明しなければ

党内が纏まらないでしょう














もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ