ドイツ(小)
イスラム教徒、危機感広がる=「反難民」党、議席獲得視野―独総選挙
時事通信9/9(土) 14:51配信


 【ベルリン時事】ドイツ連邦議会(下院)議員を選ぶ24日投票の総選挙まで2週間。

 メルケル首相が4選をほぼ確実にする一方で、「反難民」やイスラム教徒への厳しい政策を掲げる新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が国政進出を視野に入れ、議席獲得をうかがう勢いだ。ドイツに住むイスラム教徒の市民の間には危機感が広がっている。

 「(難民流入で)ドイツの状況は悪化した。われわれは自分たちの国を取り戻さなければならない」。AfDの筆頭候補ガウラント氏が1日、独中部の町アイスレーベンでの集会で訴えると、約500人の住民らが大きな拍手で応えた。

 欧州難民危機の2015年、多くのシリア難民らがドイツに殺到した後、AfDは支持率が約15%まで上昇した。その後の難民流入数の減少で、ひと頃の勢いは失ったものの、約10%の支持率を維持している。独議会の議席獲得には党の得票率が5%を上回る必要がある。議席が十分視野に入ってきた。

 ドイツの世論調査で「イスラム教はドイツに属するか」という質問に6割が「いいえ」と答えたという結果もある。イスラム教を信仰する難民や移民に対し、多くの国民が心理的な隔たりを感じていることを示唆しており、一部でAfDへの共感にもつながっている形だ。過激派組織「イスラム国」(IS)信奉者によるテロが欧州で相次いだこともイスラム教徒に対する国民感情を悪化させたとみられる。 

ドイツ

最初が間違えましたね

戦争被害者たちが難民にならないように

キャンプ地を強化するのに力を入れるべきでした。

戦闘行為が落ち着いた頃に、すぐ戻れるように

そして国の復興に援助すべきでした



イスラム教徒の難民が

先祖代々その地に根差している人達と

同等の市民権を付与され

同等の選挙権を持ったら?

思想・信条・歴史観等が

同化しない以上

その民主主義国家は

早晩採決が不能に成ります

彼らの犯罪率の高さ

生保受給率の高さ

元々の国民への迫害

溶け込む努力より

自分達の世界を他国に構築する図々しさ

差別、差別と叫んで暴動を起こす姿を

ドイツは知らなかったのでしょうか?

単一に近い国家が異民族

対立すらしている異教徒を

大量に受け入れる

リスクを考慮しなかった

欧州は今や難民という名の

武器無き侵略者で溢れてます





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ