日本(小)
<政治>冒頭解散へ与野党始動 「仕事人内閣」閣僚は困惑
毎日新聞9/19(火) 11:27配信


 安倍晋三首相が臨時国会の冒頭にも衆院を解散する意向を固めたことを受け、与野党は19日、幹部らが会合を開くなど選挙準備を加速させた。自民党の二階俊博幹事長は党役員連絡会で、首相から「早期解散を検討している」と伝えられたと説明。公明党も緊急の常任役員会で対応を協議した。野党側は「首相が『国民に丁寧に説明する』と言ったのはうそだったのか」(民進党の山井和則国対委員長代行)などと反発を強めた。【西田進一郎、朝日弘行、影山哲也】

 政府は19日午前、解散方針が表面化して初の閣議を開催。8月3日の内閣改造以降、首相が「仕事人内閣」とアピールしてきただけに、閣僚らは困惑の表情を浮かべた。野上浩太郎官房副長官は記者会見で「改造内閣は仕事の実績が何もないのでは」と問われ、「引き続き国民の負託に応えるよう努力を重ねる」と述べるにとどめた。

 早期解散について、野田聖子総務相らは会見で「首相の専権事項だ。私から申し上げることはない」とコメントを避けた。梶山弘志地方創生担当相は「結果はまだ出ていないが、当面の仕事をしっかりこなす」と訴えた。小野寺五典防衛相は「選挙が行われた場合、(防衛省の)政務三役は地元や後援会にご理解いただき、しっかり頑張ってもらう」と、北朝鮮情勢への万全の対応を強調した。

 自民党の二階氏は19日の役員連絡会で、18日に首相と会談した際に「解散時期は国連総会から帰国してから決めるのでよろしくお願いしたい」と指示を受けたと明かした。岸田文雄政調会長は「公約作成の準備に入らなければならない」と応じ、選挙準備を急ぐ方針を確認した。公明党の山口那津男代表は記者団に「常々『常在戦場の心構え』と言ってきたので、構えをどうするか検討し始める」と語った。

 首相は国連総会に出席するため米国を訪問中で、帰国後に衆院解散を最終判断する。臨時国会の冒頭に解散し、日程は10月10日公示-22日投開票を想定している。急速に強まった解散の流れに対し、政府・与党にも困惑の声があるが、閣僚の一人は「とにかく平常心を心がける」と語った。

 一方、民進党は19日午後、前原誠司代表が就任して初の「次の内閣」会合を開き、衆院選の公約作りに着手。自由、社民両党と選挙協力の協議も急ぐ。共産党は同日夕、安全保障法制の成立2年を受けた集会に志位和夫委員長が参加し、野党共闘の必要性を訴える。

安倍総理

あんなに不信任案出して

あんなに解散しろと要求して

とりあえず解散に追い詰めた

野党は満足でしょう

もちろん

「満期が来てから選挙」

が筋だとは思いますが

野党の弱体化とか疑惑云々の

思惑もあるでしょうけど

正直選挙するにはこの

タイミングしか無い様に思います

11月の米大統領訪日に

間に合い且つ

北朝鮮情勢が逼迫してくる

前に固めておきたい

となるこの辺りがベストでしょう

毎回、言われる事ですが

政治の空白とか言っている

議員、マスコミは

完全なミスリード

悪意をもってやっているか

憲法の基本的な条文も

知らない無知のいずれか

現在の内閣は,衆院選直後の

特別国会が召集されるまで

普通に仕事する事に成ってます

解散後内閣だけで対応できず

国会議決が必要な場合は

参議院の緊急集会で

対応することになってます

政治の空白などできようがない





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ