民進
 民進党リベラル派、離脱や新党結成の動きも
Fuji News Network 10/1(日) 6:44配信


小池東京都知事が率いる希望の党と、事実上の合流を決めた民進党が総選挙の候補者調整を進める中、希望の党から排除される可能性のある民進党のリベラル派に、離脱や新党結成を見据えた動きが相次いだ。
民進党は9月30日、地方組織の代表者を集めた会議を開き、前原代表が、希望の党への事実上の合流に向けた交渉について理解を求めた。
前原代表は「一両日中にしっかりと方向性を出し、そして党として一丸となって、安倍政権を止める、安倍政権を退陣に追い込む」と述べた。
しかし、出席者からは、希望の党側が民進党のリベラル系の勢力などを排除する方針であることに対する不満の声が噴出し、会議後には、辻元幹事長代行が希望の党には合流しない意向を表明した。
民進党の辻元幹事長代行は「わたしは、リベラルの力と、重要性を信じています。わたしは行きません」と述べた。
また、赤松元衆議院副議長は、希望の党の公認が得られない場合、新党の結成も選択肢だとの考えを示した。
希望の党と民進党は、1日も引き続き、候補者調整の協議を行う。
こうした中、共産党の志位委員長は、希望の党に合流しない民進党の前議員について、歓迎し、連携する姿勢を打ち出した。
一方の自民党は、全国幹事長会議などで、希望の党への対決姿勢を鮮明にしたほか、安倍首相が総選挙に向けた全国遊説をスタートさせた。
安倍首相は「いかにして日本人の命を、そして平和で幸せな生活を守り抜くのか、それを問う選挙です」と述べた。
さらに、連立与党の公明党も、山口代表が野党の動きを「混乱状態だ」と批判し、自公政権の継続を訴えた。
一方、女性問題で、自民党を離党した中川俊直前議員は、総選挙への出馬を取りやめる意向を固め、1日、記者会見で表明する。

民進リラベル


志を持って新党結成ならともかく

「仲間外れ」や「余り者」「落ち毀れ」の

寄せ集め集団こんな新党に期待する

有権者が居るとは思えません



小池氏の「希望の党」に

入れるか入れないかで右往左往

入れそうもない議員達が無所属で出ても

新党を結成しても、もう遅いでしょう

辻元議員は自分で

「リベラル」と言ってますけど

「リベラル」は規律ある自由

責任感ある自由という意味

辻元議員に規律や

責任感あるのかな?

信条があるのなら

「民進党」として出れる様にすれば

良いと思うのですが?

もはや「民進党」というだけで

全国民から呆れられてる訳ですから

何でも良いから

別の政党名を付けて「民進党」である事を

隠さなければならない、という事でしょう





もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ