東京都大阪府愛知県
衆院選 「三都物語」はや瓦解? 小池氏と大村氏、合意時から思惑ずれ
産経新聞10/9(月) 7:55配信



 東京都の小池百合子知事、大阪府の松井一郎知事、愛知県の大村秀章知事が衆院選に向けて合意した共通政策「東京・愛知・大阪三都物語」に亀裂が生じていることが8日、関係者の話で分かった。3知事は、9月30日、合同で会見して政策合意を発表したが、衆院選での連携などをめぐり、小池氏と大村氏で考え方のずれがあったという。関係者は「3知事が今後、そろって演説する可能性はなくなった」と話しており、今月10日の衆院選公示を前に三都物語は早くも瓦解(がかい)の危機を迎えている。

 3知事が合意した政策は、小池氏と松井氏がそれぞれ代表を務める希望の党、日本維新の会双方が訴えている「しがらみのない政治」「身を切る改革」「真の地方自治の推進」の3項目が柱。3知事ともに衆院選に出馬しないことを確認した上で、選挙協力を行うとしていた。

 関係者によると、小池氏は周囲からの進言を受けて大村氏との連携を模索。しかし、政策合意発表の当日、選挙協力に関して小池氏と大村氏が意見交換したものの、連携に関する認識の違いが明らかになったという。「発表前から両者の思惑はずれていた」(希望関係者)との指摘もある。

 希望は今月5日午前、大村氏が党顧問に内定したと発表したものの即日、「事務局のミスによる誤りだった」として取り消した。

 大村氏は「小池代表と会話する中でそのような話はあったが、顧問に就くことになると思わなかった。認識の違いがあった」と説明。連携に問題が生じているのではとの見方が浮上したが、小池氏は翌6日、「大村知事から肩書があった方がいいのではということがあり、ファイナルになっていないものを事務局が先に出した単純ミス」と沈静化を図っていた。

 7日には東京・銀座で小池氏と松井氏が合同で街頭演説を行ったが、大村氏は参加せず、代わりに地域政党「減税日本」代表の河村たかし名古屋市長が参加。小池氏は「大阪・東京・名古屋の連携でもっと稼ぐ日本に」などと訴えたが、大村氏には触れなかった。

07021149松井一郎大村秀章


三人ですら、まとめられないのに

国政なんか務まるわけない

「地方の声を国政に」って

フレーズを、やっちゃいけないのが東京

東京とそれ以外って図式になるのが地方行政

維新や地域政党を真似たんだろうけど

都知事が「国政に声を」って言っても

首相に普通に会えるのにてなるでしょう

小池都知事は松井知事ともずれてる

小池都知事は、国政で総理の椅子を狙ってるけど

松井知事は政権交代を担ぎたいんじゃなくて

野党で存在感を出したいだけ。

だから会見でも小池知事の出馬に釘を刺してる

橋下知事の時から維新は国政で

第1党になるのが目的ではなく

地方の声を国政に反映させる為に

議席獲得する目的だと理解してます








もし良ければクリックお願いします
         ↓
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代男性日記へ